忍者ブログ

釣歌旅人

47都道府県を弾き語りと魚釣りをしながら周る旅人 「釣歌旅人(ちょうかたびびと)」

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ブログ更新停止』のお知らせ

お久しぶりです。

突然ですが、ブログの更新を停止したいと思います。

ネット生放送での発信、Twitterでの発信、フェイスブックでの発信、そして作詞作曲。

この四つに加え、ブログの更新というものは時間的にも難しく、

ブログに残す意味もあまりないように感じたからです。


近況は随時Twitterにて報告していきます。

これまでのブログは残しておきます。


よろしくお願いします!





拍手[0回]

PR

3月31日の記事

前日の話。

道の駅みえで起床。準備を済ませて自転車を走らせると、菜の花に染まるバス停を発見したよ。

この間も10号線で素敵なバス停を見つけたけど、バス停には不思議な魅力がある。どうしてバス停が好きなのかはまだわからないけれど、これから先、また色々なバス停を見つけて行くと同時に、バス停の魅力についても話せるようになりたいな。

先に進むと、高知の四万十川を思い出すような橋を見つけた。橋の上に自転車を停めて撮影。


その後は、山を下って大分市内でしばらく休憩して、夕方頃に大分駅に到着。早速ギターを広げて歌ってみると、直ぐに反応があった。地域によって本当にストリートに対する反応は違うなあと改めて実感。夕方だけで7枚のCDが人の手に渡っていったよ。


 
夜。アーケード内で歌っていると、更にCD2枚が人の手に渡り、この日だけで9人がCDを手にとってくれた。



途中、洋服を作り売りながら旅をしているという男性に声をかけられた。

“アトリエとして使っているビルがあって、よければ今日の寝床に使っていいよ”


名刺をもらったので、ストリート終了後に連絡してみた。
そして案内されたのは「大分フンドーキン」
元々、フンドーキンマンションというらしく、廃墟になったところを借りて、ジャンル問わずアーティストがアトリエとして使ったり、寝床として使ったりしていたらしい。“していた”というのも、今日が立ち退き日らしくて、片付けの真っ最中。
中を少し見学すると、部屋には壁画や、空間アート、色々な創作物が置かれていた。マンションそのものか現代美術館みたい。

もっと早くこの場所を知る事ができれば、色々な作家さんと話も出来ただろうなあ。ちょっと残念だけど、案内してもらえて良かった!


泊めてもらったお礼、片付けを手伝うつもり。そして夜にはまた歌いに行こうと思うよー。

       

拍手[0回]

3月29日の記事

物語を書くように、今日の事をお話しましょう*


午前6時30分。雨の音が目覚まし時計の代わりでした。
雨がやむまで、僕は 道の駅はゆま でボーッとする事にしました。

しばらくすると、雨があがって大分県を目指し出発です。10号線から326号線に入ると、広くて走りやすい道路に出ました。そして35県目となる大分県突入しました。

道の駅宇目を通過すると「ととろのバス停」があると言うので行ってみる事にしました。なんでも、ととろ という地名が同じだけという理由で作られたバス停らしいです。そんな便乗感がたまらなく好きでした。


その後、近くの集落におりて、小川流れる田舎風景を眺めながら休憩しました。
ギターを抱えて歌もうたいました。


川のせせらぎに重なる草刈機の音。
鳥の声ホーホケキョ。
揺れる菜の花に驚くモンシロチョウ。


全部がまとまって、すごくふわふわしたいい気持ちです。
シャボン玉の中に集落を閉じ込めて、僕自身も身体を丸め、空気中をゆらゆら漂うような、そんな感覚の昼下がりでした。

夕方、道の駅みえ に到着し、お腹も鳴ったので調理開始です。来る途中スーパーで、おつとめ品のチンゲン菜と魚肉ソーセージを手に入れたので、ナポリタンを作っていると、道の駅に勤めるおばちゃまからパンをもらいました。そのままパンをテーブルに置いて、ナポリタンを食べ終えると、傾いた太陽に気がつきました。

水仙の花も見惚れる程の夕陽です。


一日の終わりを感じながら、誰かの事を思い出して、口元が緩んだら、明日もまた笑えるんじゃないかなあ…なーんて今日を締めくくって振り返ると、テーブルに置いたパンを器用に咥えたカラスと目が合いました。

「まっ、いっかあ」

そうボソッと心で呟いて、夕焼けと夜の間にとけていくカラスを見送るのでした。




おしまい。

拍手[0回]

3月27日の記事

今朝は公園のすべり台下で起床。沖縄の気候慣れしていた身体も、徐々に朝冷えにも慣れてきた。


今日はのんびり前進。途中、小さめのフライパンを購入。というのも、道中に咲いていた菜の花と、つくしを採り、夕飯の材料にしたかったから。
道の駅に到着したらすぐに調理開始。野草のアクをとってから、道の駅で買ったタマネギと一緒にパスタに絡めた。
道草パスタの完成ー!
  

味付けは塩こしょう、ニンニクパウダーと醤油。ベーコンやソーセージがあれば尚よかったけど、満足満足。
春を目と身体、口の中でも感じれて良い日だった。

拍手[0回]

3月26日の記事

今日は都城のとある公園で起床。
夜中もアヒルさん達がガーガー鳴いてまして、朝っぱらから威嚇されました。卵が近くにあると予想。
出発し10号線。
途中洗濯をしたかったので公園を探すと 観音池公園 を発見。
桜並木をのぼり、途中、草むらの中の猫と戯れて公園到着。観覧車などもある素敵な場所でした。
   
     


その後、ゆるやかな山道を進み、下り坂の途中に見つけたバス停。アニメや小説の中に出てきそうなくらい素敵なバス停でした。



宮崎市内へ入るとおばちゃまに声かけられた。昨日、道の駅で僕を見かけたらしくて話しかけてくれた。
女性なのに原付で野宿しながら旅をした経験もある人で大分までの道のり、寝泊りできそうな場所まで教えてくれた。ありがとう!
その後、友達に教えてもらったお店でチキン南蛮を食べて満足。これを食べたくて節約していたのです。

僕はこれから路上ライブ。
宮崎市の一番街というアーケードで歌ってきます。
寝床はまだ決めてない!
  

拍手[0回]

3月25日の記事

鹿児島を出発し宮崎県方面へ。10号線は交通量が多く、大型トラックも行き交い、一度車道から逃げればしばらく道に戻れない状態でした。



途中、桜、菜の花を見つけて旅ではお決まりの一人撮影会。(iPhoneカメラのゴミが気になります)

10号線の激坂をクリアした先にある道の駅では、赤い洋服に、孫の為にコンビニで手に入れた妖怪ウォッチの下敷きをもったおばちゃまに話しかけられ、差し入れを頂きました。
その後は無事に宮崎県入り。
都城では僕を応援してくれてる方が会いにきてくれて、栄養ドリンクを頂きました。
沖縄と本土とでは、全然匂いが違っていて、これまで感じてきた季節の香りが本土にはあることを知りました。今は冷んやりしてるけど、背中を優しく押してくれる春の風や、春の木漏れ日の様に温かい人の優しさを感じながら自転車を走らせました。
今日も良い日だなあ。
うん。
とても良い日だ。

拍手[0回]

お久しぶりです

沖縄から久米島に渡り
沢山の出逢いがありました
この人生の中でもとても貴重な出会いだったと感じています

たくさんの事がありすぎてブログでは書き記す事ができませn
僕等仲間たちの思いでとしてそっとしまっておこうと思います

でも すこしだけその一部を写真で公開
















久米島ではレコーディングもしてCDを完成させました
既に沖縄を出て 28県目の宮崎県にいます


CD売りながらも7月中旬目指して北海道へ行きます!

拍手[3回]

沖縄那覇


1月8日 フェリーで25時間の長旅の末
沖縄入り



これで33県目だったかな?あまり数字にはこだわりがないので
たまに忘れる事もある 笑

初日はすぐにゲストハウスで寝て
翌朝 国際通りを散策しようとしていると見覚えある姿が…


日本一周チャリダーのsho君!

Twitterで相互フォローしていたのでお互いすぐにわかった

でも実際に会うのはこれが初めて

でも不思議と打ち解けて その日は一緒に行動する事に

まずはA&Wというバーガーショップで昼食をとる


その後 2人で首里城へ
   

そのあとお勧めのゲストハウス BASE を教えてもらい
sho君と一緒に行く事に

そのゲストハウスには沢山のチャリダーがいて
ゲストハウス内にいた きったんさん と たけさん と知り合った



 


夜に路上ライブなどをする事にしたので
sho君はそれまで一緒に居てくれた



路上ライブをしていると



sho君の旅仲間でもあるしろさんが偶然通りがかり合流

その後

三線をもって沖縄の着物を着た女の子が声をかけてくれた

ちかくに島唄ライブ居酒屋があるらしく
話の流れからお店でも少し歌わせてもらえることに

沖縄の音楽に直に触れられるチャンスと思い
お店に行く事にした

お店の中は島唄で盛り上がっており


sho君がステージにあがるように言われ 踊りだす


その後 僕もステージにあげてもらい一曲披露

どこにいても ふるさとを思う気持ちは同じだと信じているし
沖縄でもたくさんの人に聞いてもらいたい曲

ふるさとへ


いつもこの曲が動画になってしまうから
今後はもう少し別な曲もUPしていければいいよね 笑
がんばります

その後 声をかけてくれたスタッフの恵美さん
は音楽活動していることを知った

三線をもちながら歌っていたLisaさんもアーティスト

沖縄には音楽活動をしている人が沢山いるのだろうか…
僕にとっては刺激にもなるしとても嬉しい

もっと沢山話をしてみたかったんだけどお店が閉店するので退散

沖縄に入って早々
思い出深い夜ができた!




翌日からは
sho君との沖縄南部二人旅がはじまります



拍手[4回]

無題

現在は鹿児島市内

沢山の良い出会いがありました


一昨日 少し悲しい事があって 落ち込んでいた
考えて、考えて、考えて、
音楽を聴く
そして結果はいつも
“行動”
にたどり着くんだよね
夜 街で歌をうたった
行動がちょっとだけ、
結果として出た
沖縄へは7日に入ろうと思う

今の気持ちこのまま鹿児島に置いていっちゃったら、後悔してしまいそうな気がするので
もう少しここにいます


写真を少しだけここに残していきますね

 



拍手[2回]

夢追い人


弾きたいという方が多数いたので作成しました
コード表記名が不明なのも間違っているのもあるかもしれません

使用されるコード アルファベット順
原曲では capo1
下記のコード音はcapoを使っていない状態での音となります
D    ?1     ?2    A6(sus4)  
午前五時の交差点 昨日見た夢を思い出した

D    ?1     ?2    A6(sus4)
誰かが川辺で大きな何かを抱えて笑っていたんだ

D           ?1     ?2          A6(sus4)
散りばめられたコメントと 眼鏡の奥にみつけた笑い皺

D           ?1   ?2     A6(sus4)   D  A
そうか あれは僕だ 夢を抱えた僕の夢だったのだ

Gadd9?    F#m7(#5)  Asus4           Bm7(11)
乗り越えよう壁を ひっくり返そう常識を

Gadd9?     F#m7(#5)       Asus4   A   Em7(11)
手にしたいモノそこにあるのなら

Gadd9?             F#m7(#5)      Asus4                       Bm7(11)
周りの目なんて気にするな どんなに笑われたっていいじゃないか

Gadd9?         F#m7(#5)       Asus4   A      Asus4   A
信号は「青」アクセルぐっと踏み込んで

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
夢を追い     続けてゆくのだ

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C  D
夢を追い     続けてゆくのだ



D     ?1    ?2    A6(sus4)
午前10時の川沿いで水面に映る自分を見てみた

D     ?1    ?2       A6(sus4)       Em7(11)
老けた顔を隠すように 深くかぶったお気に入りのキャスケット

Gadd9?    F#m7(#5)     Asus4            Bm7(11)
ボロボロになった仕事帰り 一杯のビールもいいけれど

Gadd9?       F#m7(#5)       Asus4   A   Em7(11)
本当はそんな毎日望んでないから

Gadd9?           F#m7(#5)     Asus4                   Bm7(11)
年齢なんて気にするな 皺の数が増えてもいいじゃないかな

Gadd9?         F#m7(#5)       Asus4   A      
大空の「青」目指してもう一度 cast(ジャンプ)しよう

~間奏~
D    Bm7onC#的な   C6(9)  Bm7(11) B♭的な DonA   B♭的な  C

D    Bm7onC#的な   C6(9)  Bm7(11) B♭的な DonA   B♭的な  C   D


D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
夢を追い     続けてゆくのだ

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
夢を追い     続けてゆくのだ

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
夢を追い     続けてゆくのだ

D        Bm7onC#的な   C6(9)  Bm7(11) Em7
夢を 夢を                夢を   追い続けてゆけ!

       F#m7  G  Gm6 
この人生 最後に僕は  笑うのだ

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
ah oh uh oh (アオウオ)

D   Bm7onC#的な  Bm7(11) B♭的な C
ah oh uh oh (アオウオ)

D    ?1     ?2    A6(sus4) 

D    ?1     ?2     D

拍手[2回]

直径6マイクロメートル

人間ってとんでもなく複雑で高性能な生き物だなあ

頭の中にあるドーム内では
沢山の計算 信号の発信 受信
便利な物を発明しちゃったり
感情 なんていう不思議な現象を起こしたり

怒ったりすると
流れる血液が速度を上げて
顔中赤くなって 冷静になって 急に悲しくなって
勝手に瞳に涙なんていうしょっぱいものを浮かべる
疲れて 身体が勝手に休みたくなって
お腹が減って 食べると身体が勝手に栄養を補給

人間ってとんでもなく複雑で高性能な生き物だなあ





久しぶりのブログ
どこから話したらいいかな


かなり長くなりそう




11月15日

愛媛県 宇和島市

魚釣りの生放送をしていたころからの知り合いでもある
キャストレードの坂元社長とまゆちんが東京から
そして 僕のこの旅に色々な影響を与えてくれたマッキーさんが会いに来てくれた

配信をよりしやすい環境にしてもらうため
坂元社長に以前から相談をしていたんだけど
Wi-Fiルーターを貸してもらえることになり
その端末を届ける為に実際に会いに来てくれた

17日の誕生日が近かったこともあり
三人は色々なプレゼントを持ってきてくれた

そしてその夜は
再会の悦びに浸って久しぶりに酔いつぶれた

二日酔いの朝





ちなみに 酔った僕は


不透明な色素


という意味不明ではあるが
なにか深い意味をもっているかもしれない言葉を連呼していたらしい


その後
愛媛県松山で道後温泉に浸り





その後
しまなみ海道を渡り


 



11月23日 26県目 

みかんと共に 広島県へ



尾道では あなごのねどこ というゲストハウスに宿泊し
ここの店長さんと一緒に併設されているカフェでライブセッション
その時に一緒にいた若きカメラマンに写真を撮ってもらったんだけど
まだ 写真が届いていないので 届き次第公開します

そんなあなごのねどこは良き寝床




ちなみに ここに宿泊する前日の早朝6:30

自分の曲の動画を撮影

橙色の空

その後 広島市へ向かう国道2号線
急な雨に打たれた



歩道橋で雨宿りをしていると
一人の女性に話をかけられた

「上に学校あるからそこで休みなさいー」

学校にこんな旅人が言ってもいいのかな?
と思いつつもついていく事に



廃校になった小学校だった
公民館が併設してあり 勤務する方に話をしてテントを張らせてもらう事になった



廃校にテント

恐怖心はあったけれど 特に何も起きずに朝を迎えました

朝露でぬれた地面


低気温の中の朝シャンプー


その後 廃校になった校内の見学をさせてもらう事に



僕が通った学校で使われていた物が
この学校にも使われていて
懐かしさであふれて
何か胸を締め付けられるような思いになりました


お米なども頂き
出発前に記念撮影



とてもお世話になりました!


そして広島市内

 

広島と言えば原爆
三歳の時に家族旅行で来た事があり
夏の厚さにへばりながらもかき氷を食べた記憶

そして原爆資料館でドロドロの人形を見た記憶

現在はその人形はあまりにもリアリティがありすぎ
修正されてすこし視覚的な刺激を減らしたらしいです

テレビも本にも
幼少時代に植えつけられる恐怖心 トラウマ って
成長すると大切さがわかる

広島市内

ここでもたくさんの出会いがあったよ

いーべさんともう一人匿名の方
路上ライブをしたあとに三人でお好み焼き屋へ



2人にご馳走になりました



この日は近くの公園でテント泊
早朝の公園がとてもきれいだったよ

 
  




匿名の方と再会し 別のお好み焼をご馳走になった


ここがとても美味しいお好み焼き
しかも量がおおくてお腹はパンパン!


そして匿名の方に宮島案内をお願いして電車で行く事に


そしてたまたま出会った同じ配信者と遭遇
記念にパシャリ






宮島は改めて鹿の曲を書き上げようとおもった場所でした

この匿名の方には放送内でも色々と仕事してくれる方で
本当にお世話になりました

たくさん美味しいものも頂いたし
そして色々なところを案内してくれました

広島市内にある本通では三日連続の路上ライブ




広島市内は今まで一番路上ライブに対して反応をしめしてくれる場所だった


地元ミュージシャンとの交流も

くもすけ さん(改名予定あり)


槇平れん さん


このあとは れん君とそのお知り合いで僕の路上を見てくれてたりーちゃん
三人でご飯

そこで色々な話をしてとても楽しい時間を過ごせた

沢山の出会いがあり
沢山の刺激を受けた広島

また来たいな





12月10日 27県目 山口県



山口県に入ってから寒さも増してきた

周南市に入って ニコ生放送を見てくれていたshoさんが会いに来てくれて
ラーメンと温泉をご馳走になりました
とても素敵な笑顔でなにか周りを和ませるような そんな優しい人でした

雪が降り
2日間足止めされた周南市にある道の駅
そこでは猫とも戯れたよ

人になれてる猫
愛想振りまいて心奪っていくずるいヤツ

気まぐれなネコが魅力的に思えるのは
そんな 自由 にあるのかもしれないね









2日間過ごして
冬の足音を聞きながら下関を目指す






防府天満宮にて



ここで会いに来てくれた人がいた

「大ちゃんさんの配信を見て 僕はフルマラソンに出場する事を決めました」

その人はそう言ってくれた
この旅は僕が好きでやっている事だけど
こうして自分がやっている事が誰かに良い影響を与えられたなら
それはすごく嬉しい

下関に到着
雪降る中を走行していたため
ほっぺがほんのり赤くなった

 



冬を感じる事ができて
またなにか少し懐かしく切ない気持ちになった



新下関駅で写真あそび


その後 Twitter越しでとある人から連絡があった



あだ名 なかっち

彼は大学生で夏休みに下関~青森の自転車旅をしているとき
三重県の伊勢にあるゲストハウスを利用し
そのときに出会った

Twitterなどをみていてくれたらしく
声をかけてくれたので一緒にご飯

翌日は唐戸市場を案内してくれるという事になった



唐戸市場
  


時間を見つけて市場の外で路上ライブも決行




その後はなかっちの家に泊めてもらう事になった

夜は男二人 鍋を囲み 色々な話をする

翌日は雨ということもありもう一泊させてもらう事になった

朝食を作る なかっち





結局 2日間お世話になった
彼は本を沢山読む大学生
聞く音楽も面白いものを好んでいる
なにより優しさであふれている好青年だった

また下関には立ち寄ることになると思うから
その時はお酒でも飲みに行きたいね

翌日

関門トンネル前で紙芝居を見て





12月9日 28県目の福岡県へ




北九州市 小倉


小倉城




北九州で野宿を決め
テントの中で過ごしていると
魚釣り放送関連で知り合ったシンさんがうな重を差し入れに来てくれた

後日またみんなで会う事を約束し
就寝


12月10日

福岡市に向かう途中
自転車に荷物をたくさん積んだ人を見かけ話しかけた


台湾人の旅人 王クン


青森~沖縄を旅しているらしい
しかも 僕の自転車を前日に小倉城前で目撃し
写真まで撮影していたことに驚き

撮影した自転車の持ち主がこうして現れたのだから
王クンもかなり驚いていたよ!


日本語もそれなりに理解できるらしく福岡市内まで一緒に行く事になった

一緒に自転車で進んでいると
なにやら前方に自転車旅人の影が!!

話しかけると
王クンが旅の途中で友達になったという ゆうすけ君

久しぶりの再会に王クンは驚きと笑顔でいっぱいだった

立て続けに自転車旅人に会うのはビックリ!
不思議な事は連続する!


結局三人で福岡市内まで行く事に




三人で進むといつもよりスピードが増した気がした



夕方には博多駅に到着
三人で再会を望みながら
各自 寝床へ向かった

沖縄でまた会えたらいいね




その後
ふさふささんという魚釣り配信を通じて知り合った方から連絡がはいる

「泊まりにきなよ」

お言葉に甘えて合流する事に


到着すると
こんな歓迎を受けた


 
笑いました






その後一緒にもつ鍋を食べに行き
この日は終了

服の色のせいか 似てる と言われた

もつ鍋

鍋の中で一番好きかもしれない…



そして昨日

天神にある 昭和 というライブ喫茶
昭和のフォークシンガー達の聖地
    

出演を交渉してみたけど次のライブが23日というかなり先の予定になってしまうため断念


その後 もみじさんというこれまた魚釣り配信関係で知り合った方とウロウロ散歩





夜に福岡の人みんなで牡蠣小屋に行く事になっていた
ここでも大きな歓迎に胸が熱くなったよ

僕を含めて8人も集まってくれた

初の牡蠣小屋


大好きなポン酢と一緒に食べる
うまい!

そして個性的な仲間達

ふさふさ さん
てるん ちゃん
まりお ちゃん
もみじ さん
あや ちゃん
りひと ちゃん
しん さん



みんな楽しい人達ばかり
それぞれ個性があってもっとみんなを知りたいと思った
この時間をもっと感じたいと思ったよ








人間ってとんでもなく複雑で高性能な生き物だなあ

この身体は直径6マイクロメートルの歯車がうまく噛みあって機能してる

生きていく上でも大切な事は
実は 歯車 だったりするのかなーなんて思ったり

歯車をはめ込んだり はめ込んでもらったり
そうして人は繋がって
世界は繋がって
地球はゆっくり回っているんじゃないかなーって
馬鹿みたいな妄想してる


僕を機能させる歯車
人と人を繋ぐ歯車
社会の歯車
世界の歯車

君が生きる為の歯車

繋ぐよ歯車
回すよ歯車

直径6マイクロメートル
今日も僕の 細胞 は動いてる






歯車をはめ込んで 僕を導いてくれるみんなに感謝








ありがとう












今夜は酒を飲みに行こう

拍手[7回]

僕の選択を僕は信じる

11月13日

朝起きてテントを片づけていると
一人の男性が話しかけてきた

僕の配信をみて数日間探してくれていた卓球先輩さんだった
家のパソコンでしか僕の情報を得る事ができないらしく
友達の家ではパソコンを借りてTwitterや配信を見て僕の事を探してくれていたらしい

ちなみに
ずっと 卓球勝負しよう とコメントを打ってくれていたので卓球先輩と呼んでいます

僕と卓球先輩が話をしていると
近くの小屋の持ち主のおじさんが声をかけてくれた

自転車に乗るらしく
おじさんも過去に日本一周をしたことがあるらしい

僕の自転車を見て
「ギアとチェーンが命 しっかり管理してやらないとー」

といってギアとチェーンを掃除してくれた
  

更に水筒とみかんまで持ってきてくれて
とてもいいおじさんだった


 

そのあとは卓球先輩と一緒にもう少し高知観光をする事に

おいしいタコ焼き屋があるというので連れて行ってくれた


キャベツ太郎のような味で
かなり僕自身は気に行ったタコ焼き


その後卓球先輩と足摺岬へ




ジョン万次郎の資料館へも行ったり
夕食は中村にある
たにぐちというお店でご飯をご馳走になった
ここの大将が卓球先輩の友人らしく
色々とサービスしてもらった





四万十の鮎も独特な味だったし
料理は本当に美味しかった
大将も常にニコニコしていて人を引き付ける不思議な雰囲気をもっていた

卓球先輩は口数はそうは多くないものの
その優しく穏やかで無邪気な性格に僕も安心して一日ついて回れました
本当にありがとうございました

季節料理たにぐちの大将


案内してくれた卓球先輩


ちなみに卓球は一切やりませんでした 笑









11月14日 25県目の愛媛県へ



途中撮影した写真



この日も配信しながら進んでいたのだけど
途中でパソコンのバッテリーがいつものようになくなった
充電先輩から連絡が入り猫と戯れながら待ち合わせをする



駆けつけてくれた充電先輩が差し入れをいれてくれた


充電している間
たくさんのお話をした


充電先輩
“色々”
ありがとうございました!









とりあえず今日はここまでにしておきます
愛媛編の詳細はまた後日アップします





11月17日の今日
僕は30歳になりました

この30歳の目標は
「信じ抜くこと」

角度を変えた言い方をすれば
「選んだ選択や行動に責任を持つこと」

この目で見て
ネットを通じて
僕は僕が選んだ目標を信じて
この旅を歩んでいこうと思います

抽象的だけど
具体的な目標は僕の心に秘めておきたいのでこのへんで







さて



今から寝床さがそう 笑





拍手[11回]

電波を通じて得られる大切なものを僕は信じる

高知県入りして
素敵な場所で朝を迎え逆立つ



室戸岬前で
よしゅりさんと出会う
とても美味しいから揚げ弁当を差し入れてもらい
一緒に食べながら話をした

彼も釣りや自転車 旅が好きといことで話も盛り上がった

そして室戸岬へ

山の方に灯台をみつけて
そこまで登ることにした

この登りがすごく大変だったけど
意地でも足をつかずに登ると決めたので
必死でペダルを回した

この時も放送してたんだけど
この景色を画面の前のみなさんと共有できてうれしかった





 その後
キラメッセ室戸にて弾き語り配信も一緒に行うこの日の夕日はとても赤くて
僕が届けられる“何か”を改めた日でもあった



テントを張り就寝

翌朝一人の青年と出会う
シンガーソングライターを目指す吉博くん
お互いの曲を披露し合う

彼はお寺など各場所で歌う場所を提供してもらいながら歩くお遍路さん

キラメッセの物産店前でも歌わせてもらっていた


2人でなごり雪を歌ったのは
とてもいい思い出


高知市内へ向かう途中
ヤ・シィパークでテント設営

その時に くろすけさん
というこれまた魚釣りの生放送している方からお弁当の差し入れ

高知県によくある くいんしぼう如月 のかなり大きなチキン南蛮弁当
僕はこれにハマってしまった
くろすけさんは魚釣りがとても上手で
何か不思議な安心感をもったひと
手先が器用で
貝殻のキーホルダーと手作りの耳かきを頂いた

今度高知に来た時は
くろすけさんに魚釣りを教わってみたい!

翌日

タイヤのすり減り具合が気になり
自転車でタイヤを購入

そして
僕は高知市内へと入る
ここで利用した宿が

かつおゲストハウス

そのお店の前で イカ太郎さんという方が会いに来てくれた
紙袋いっぱいにお菓子や文旦の差し入れを頂きました!

ありがとうございます!



お店の中にはシュールなものが並び
僕個人的にはすごく印象あるゲストハウス
オーナーさんが作ったというカツオの被り物をかぶり撮影会



 

こんな遊びをしていると
一人のお客さんが…

被り物を外し見てみると
その人は和歌山県のゲストハウスで一緒だった人とまさかの再開!
こんなこともあるんだなー
日本は本当に狭いところだなーと実感した瞬間だった


加えて
更に室内にあるなぞのキャラクターと一緒に晩酌?


その後
よしゅりさんと一緒にひろめ市場へ

沢山の食べ物をご馳走してくれました!

藁で炙ったカツオのたたき



その他たくさんのご馳走
 









とにかく高知は美味しいものが沢山!
人も温かい

この時も僕の配信を初期の頃から見てくれている方が来てくれて
色々なお土産をたくさんいただきました!
ちょっと古いタブレットに悪戦苦闘しながらも
僕の写真を撮影してってくれたことが何故かとても嬉しかったです

翌日は昼間は高知市内観光と桂浜へ
    

再度イカ太郎さんが会いに来てくれて
またもや以前食べた
くいしんぼう如月のお弁当を頂きました!笑

実は前日にも一人で食べていて
三日連続チキン南蛮弁当という形になったけど
大好きだからいいのです!



夜は再度よしゅりさんと合流しお寿司を食べました

よしゅりさんはとても物知りで
色々な事を僕に教えてくれました
そして よしゅりさんは今「夢」に向かって動き出していることも聞いた

その 行動を起こす きっかけが【僕がこの旅に出る事】であったという事に
とても嬉しくなった

その夜
ゲストハウスで知り合った大学生が
「弾き語りするなら見に行きたいです」
と言ってくれたので
高知駅前で少しだけ路上ライブ



そして高知市内での楽しい二日間は過ぎて行った


四万十へ向けて自転車を走らせる

久礼坂を越えて


秋を抱いて



走っていく
 

途中
須崎で丸一に雨でつぶされたけど
その時に会いに来てくれた人がいた
Kさんとここでは呼んでおきます

僕の為にビジネスホテルを予約してくれて
四万十川での弾き語りを生で聞いてみたいというリクエストをもらった
その約束を交わし

そして11月11日 四万十へ到着!
中村駅で友達ができたので一緒に撮影


Kさんに予約してもらったビジネスホテルでお風呂に入り合流
宿毛にある天下茶屋でご飯を頂くことに!


これが味が濃くてすっごく美味しかった!
鉄板焼きでもこんな風に野菜炒めみたいにして
そのままご飯のおかずとして食べれるものは初めてでした!

翌日は朝からKさんと合流
四万十川下流を見て
そして釣り師の憧れの魚 アカメ をアカメ館で見学



 

アカメは光のアタリ具合で目が赤く見えるらしい
でもすごくかっこよかったし
一度釣ってみたい魚

魚釣りをしたい衝動をなんとかおさえました 笑

そして四万十川の沈下橋へ


この時期では水が少ないらしい
夏に橋の上から飛び込む写真を見たけど
僕も夏に飛び込みたいなー

Kさんを目の前にして
弾き語り配信を開始

自分の曲とそして中島みゆきの「ファイト!」を歌った



いつも僕の歌を画面越しで聞いてくれていたKさん

「やっぱり生歌はいいね」

「感動しすぎて鼻水でてきたわ」

と言ってくれた

とても嬉しかったし
配信切れたあとも心をこめて歌った甲斐があった

Kさん含め 僕に会いに来てくれる人たちは
僕を電波を通して知ってくれた
そこできっかけが生まれ
画面を飛び越えて 直接会って触れる事ができるようになった


画面やスピーカーの音だけじゃなく
生の声をたくさんの人に聞いてほしいという気持ちが強くなった日だった



その後Kさんと一緒にランチ
僕は寝床確保へ

この日の寝床はの近くに水車と秋桜が咲いていてとても綺麗だった



つづく

拍手[4回]

瞳の奥に見える優しさを僕は信じる

お久しぶりです
兵庫県でブログがストップしていたので
ここまでの話をまとめて書きます

10月26日 岡山県突入


その夜
岡山駅前地下道で路上ライブを決行

2人の同い年の女の子が声をかけてくれた
配信を見て連絡をくれた子
そしてその友達

2人の前で歌を披露したあと
カラオケに誘われる
一度悩んだけど
一対一ではないからと思い誘いに乗り
深夜の1時頃まで歌った

女の子と遊ぶ夜なんて
そうそう滅多にない事だろう
そんなチャンスをくれた2人に感謝

ちなみに
差し入れでもらったこの不思議なパンは
不思議と美味しかったよ


その夜は漫画喫茶で眠った


2日後
宇野港付近でこれまた配信を見てる人からの差し入れを頂いた

日本一周チャリダーのブログをあちこち見るのが好きという彼
僕も知っている日本一周自転車野郎の名前もちらほらでて面白かった

そしてさらにポツダメさんという名前が知られたリスナーさんも会いに来てくれた
想像してた以上に若く
色々気をつかってくれる好青年だったよ

一緒に郵便局留めした荷物を取りに行ってもらった
今後も配信中の面白いコメントを期待してるよ!笑



フェリーに乗りさよなら岡山


約1時間半後
10月29日 香川県 高松市入り!



船から降りると待ち伏せていたのは雅さん
釣りの生放送をしている人だ

雅さんの車に乗り込み

うどん

を食べに

案内してくれるはずだったお店が二か所連続で休業日というハプニングもありつつ
無事 釜揚げうどんを食べる事ができました!






うどん県のうどんはやっぱり全然違う
とても美味しく頂きました!

雅さんありがとうございました!


その夜
高松駅前で路上ライブを決行
  
路上ライブを終えたあと
僕を探してくれてる人がいるという連絡があった

そこで出会ったのがこれも魚釣りの生放送をしているとったんさん
さらにガイコツちゃん
とったんさんの後輩さん

焼肉屋さんに連れて行ってもらったんだけど
ここがかなり美味しかった!
ご飯もてんこ盛り食べたし
とったんさんとも色々な話をした

僕は旅前よりも
人の目を見て話ができるようになった

沢山の人のたくさんの人の目を見る

とったんさんはパッと見ると
ちょっとおっかない人に感じたけど
しっかりと真っ直ぐで純粋な目をしていたことが
とても印象に残っています

写真は四人共 悪人面してるけどね!笑




とったんさん がいこつちゃん 後輩さん
お世話になりました!

その後
たーさんという高松で料理屋さんを営んでいる方が会いに来てくれて
差し入れももらいました!写真撮るの忘れてごめんなさい

あとは
高知県はうどんしか食べていない




10月30日 徳島県入り!


徳島県では鳴門海峡の渦が有名である

橋を徒歩で渡れる場所があり
その橋の上から渦を見下ろせる観光スポットがあるんだけど
僕が到着したころには時間切れ

仕方なく
展望台から鳴門海峡をのぞくことにした


もうそこは川の様な海
流れが早く感動した

そしてもちろん食べました徳島ラーメン

いのたに




東大

   


生卵を乗せて食べるという独特なラーメン
おいしかったです!

そして数日後
徳島県内で行ってみたかった場所

お松大権現



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねいぬこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ



ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ
ねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこ






※問題
どこかに猫以外の動物が迷い込んでいます
何番目の写真の「ねこ」に混じっていたでしょうか








このときに放送を見て会いに来てくれた方と一緒に
四国のおもしろラーメンがあると聞いて連れて行ってもらう事に



!?
 


ラーメンにとんかつ…
斬新なラーメンを出すお店
豚太郎(とんたろう)

でも不思議とマッチしていて美味しかったです!
ご馳走してもらいました!
そして車でお松大権現へ戻り
また自転車走行開始!

山を越え進み


   


11月3日 高知県入り!


つづく


拍手[5回]

おもしろいメガネは300円


明石を出発しコインランドリーで洗濯をすませる



加古川をのぞき


途中でみつけた たい焼き屋さんで休憩




その後自転車を走らせる

すると一台の車が隣に寄ってきて
「どこからきたのー?」
と声をかけてくれた

並走しながら少し話すと
運転手の方の親戚が日本一周を今しているらしい

名前までは聞くことができなかったけど
旅人の身内から声をかけられることが兵庫に入って二回目

昨日(23日)は彼氏が日本一周をしている という事で
話しかけてくれた女の子もいた

兵庫は不思議と人を人を寄せ付ける力があるのかな?
と思った 僕のこの勘はあたることになる





その後
姫路城へ到着
 
 

工事が完了したばかりの姫路城だ
白付近は野良猫パラダイス




猫と戯れていると
たくさんの人に声をかけられた

おばちゃん
おじちゃん
旅行にきていた家族
某自転車メーカーのお偉いさん

なぜか今日は沢山話しかけられたよ

姫路城を出た後は姫路駅へ


とても広く綺麗
路上ライブもできそうな雰囲気で
夜が来るまで近くのカフェに入ることにした

ハニーカフェオレというちょっと変わったカフェオレを注文

僕がライブのときに出している看板に
自分の名前がないことに今更気がついたので
新しく看板を作った



そして再び姫路駅へいくと
すごく綺麗なビルに変身!


テクノでも流したらライブの照明として使えるんじゃないかと思うくらい


そして歌い始める
数曲歌うと男性に声をかけられた
いろいろ話をしていると
なにやらバッチリオシャレなスーツを着て
独特なオーラを放つおじさんが近寄ってきた

その人をみた第一印象


ただ者じゃない…



何か芸人の様な 一般的なサラリーマンなどではないと直感
とにかくトークのテンポがよく
三種類のメガネをスーツから取り出し
一人でボケては一人でツッコむ
動きはサンマさんにそっくりだったから
ものまね芸人なのではないかと推測する

そんなイケメンでかっこいいおじさんに借りたサングラスを装備してツーショット


嵐のように突然現れて
颯爽と姫路の飲み屋街に消えていった


その後 20歳の青年に声をかけられる
日本一周が気になってくれたらしくしばらく話をした
姫路の話
お互いの心霊体験の話
ご老人に対しての話
 
かれこれ40分ほど立ち話をして
最後に撮影してお別れ

がんばってください
と応援してくれた






このとき
反対側で演奏する人 露店を出す人がいたので見に行くことに

 


ギターの音をループさせ更に音を重ねてインストを奏でる
忍不旅人さん

自転車でオリジナルアクセサリーを売って6年目のベテラン旅人の
ともひろさん



この二人の間で
手作りのシルバーアクセサリーなどをうるしんぺいさん
しんぺいさんの写真撮るの忘れた…

またこうして新しい出会いが生まれた
みんなと色々な話をした


とても濃い一日になったよー

拍手[4回]

釣歌旅人

名前:
空野 大/大五郎
性別:
男性
趣味:
弾き語り/釣り
自己紹介:
福島県会津出身。自然に恵まれた環境で育ち、小‣中学校時代は、魚釣りや川に潜り魚突きに明け暮れていた。高校に入り、友人がギターを始め、興味本位でギターに触れた事をきっかけに音楽を好きになっていく。東京都内で音楽活動をしていたが、一時休止。現在、ネット上の名前「大五郎」として❝ニコニコ生放送❞で魚釣りや弾き語りを放送し、現在は47都道府県、日本一周中。

最新コメント

[03/27 NONAME]
[01/13 めんそーれ]
[01/13 NONAME]
[01/12 たけくん]
[01/07 12の星空]

ブログランキング参加中

ブログランキングに登録しています!よろしければ新しいブログを見た際にはクリックしていただけると嬉しいです!

Twitter

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

バーコード

Copyright ©  -- 釣歌旅人 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]