忍者ブログ

釣歌旅人

47都道府県を弾き語りと魚釣りをしながら周る旅人 「釣歌旅人(ちょうかたびびと)」

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【48日目】山と怖い話【群馬県:道の駅 ふじおか~上野村】

最近ブログの出だしのテンションをどうするか考える


























はいーーーー!!
やってまいりました自転車日本一周!!!!















今日も色々なものをみて色々な事を考えてきたよ!


みんなは




どうかなっ?



















日々を










楽しんでるっ?











それじゃあ早速
本編すたああああとおおおおおお☆☆☆









ここまで書いて吐き気がしたので普通に書きますね


 

深夜は暴走族(といっても一台だけ)の音がうるさくて
あまりよく眠れなかった

でも前日の頭痛は消えて
準備を整えて出発!

とりあえず山を登るので
すき家の朝定食を頼んだよ


そして上野村方面にどんどん進むと
山らしくなってきた!


登りが徐々にきつくなってきて
どんどん汗が出る

さすがグンマーというべきか
藤岡市の国道462号線沿いで大きな戦いの爪痕がみつかった


すさまじい斬撃
グンマーの力を改めて知らされた瞬間である



その後
道の駅上州おにしへ到着

でもまだ開店してません
静かな道の駅でバイクの人が一人トイレに立ち寄っただった

この道の駅の近くにあった旧校舎が目立っていたよ
 

なんだか気持ちをキュンとさせる学校だったなー
僕の学校は鉄筋コンクリートでしたが

更に坂道はきつくなり
かなり体力も消耗

そんな中見えてきたダム


このダムの向こう側が神流湖

神流湖付近から道は下りが多くなった




神流湖を抜けると家々が立ち並び商店街のような雰囲気に


通り過ぎる車は子ども連れが多く
やたらと浮き輪をもっていたので気になっていたんだけど
この神流町では「神流の涼」というイベントをやっているらしい

少し様子を見に行ってみる事にした

  

たくさんの人で賑わい お店も並び
スタッフ達が威勢よく大声で

らっしゃい~!焼きそばいかがっすか~!

というもんだから
「涼」という言葉が不釣合いでもあった 笑


神流町を進むと
道の駅 万葉の里が見えてくる


ここで昼食をとることにした
なんとなく蕎麦セットを注文!


美味しかった!
とくに一杯目の冷たいお水が最高でした!

更に山道を進み
やっと上野村へ入った


神流湖までの登りが大変だったことくらいで
あとは意外と楽にこれたなーと思ったよ

道の駅上野に到着!


僕の旅では恒例となっている
ご当地ソフトクリーム

ここにはありましたよーーーー!



味噌あじのソフトクリームということで頂きました

味は…ちょっとしょっぱくなったくらいで
特別味噌の味はしなかったなー笑
おいしかったけどね


少し休憩したあとに
今回僕が一番行きたかった場所

群馬県の鍾乳洞 不二洞とスカイブリッジへ行く事に



この道をいけば1.8Kmの距離


楽勝と思いきや辛いのなんの
登りは急だし道は狭いし
自転車を漕ぐ事はできずに殆ど押して歩きました!




もう汗だくだし
車で行き来する人達には笑われるし
でもここまで頑張って見れる鍾乳洞は絶対に最高なはず!!
と思い必死に頑張りました

やっとの思いでスカイブリッジに到着


かなり高いところにある橋です
パノラマ撮影ミスしてすこしぶれていますが
しっかり橋も渡ってきました


その後
すぐ傍にある鍾乳洞へ
入場料600円を支払い出発

ただ入口までそれなりに山を登らなければなりませn


そして入口に到着


分厚い鉄の扉を通り抜け
鍾乳洞の空気は僕の汗でぬれた身体を撫でる
そして僕はドアのぶを引いた



かすかな蛍光灯が行く先を示してくれる
前にいる人の足音 話し声がこのトンネル内で反響し合い轟音となり
僕の心を不安にさせると同時に
心臓をひねられる様なわくわくした気持ちが込みあがってきた





ディズニーランドのスペースマウンテンの行列にならんだとき
二階通路から船を眺めたときのワクワク感に似てたなー

そして鍾乳洞の扉を開く


ひんやりとした空気
水が落ちる音





洞内には随時アナウンスが流れていて
正直 個人的にはあまり楽しめなかった
なによりとても狭く
広々とした空間がなかったのが残念だった

でも
何百年とかけて作り上げた鍾乳石には本当に感動した
地底には僕たちがまだまだ知らない事がたくさんあるんだなと
ロマンを感じさせる場所だったよ

出口を出ると
こんどは急な階段を降り
受付の場所まで下り坂を歩かなくちゃいけない
ヒールやサンダル 足腰弱い方にはかなりキツイ場所なんじゃないかな?

それなりの下調べと準備は必要だなーと思いました



その後は道の駅うえのに戻り
山の天気は変わりやすいから
夜は屋根がある場所でテントを張った

案の定 夜中に雨が降りだした












~怖い話~

神流町から上野村に行く途中には数か所にトンネルがある
そのトンネルの一つで身の毛がよだつ体験をした

自転車は基本的に左側通行なのだが
そのトンネルは右側の歩道が広かった為
僕は右側を走行する事にした

トンネルはひんやりとしていて
車やバイクが生み出す轟音に怯えながら僕はペダルを回していた


すると突然
ペダルを回している左の太ももに違和感を感じた

蜘蛛の糸の様なハッキリしたものではなく
ぬるま湯で湿らせたような布か毛糸のようなモノが
僕の左ふとももを

スーーーっと左上から右下にかけて約1秒間撫でられた様な感覚だった

その感覚が消えたと思うと

突然自転車がふわりと重くなった!
例えるなら羽毛布団を2枚が後部に載せられたような感覚
今までにないほど全身に寒気がはしる

何がなんだかよくわかなくてとにかくペダルを回していた
トンネルの出口間近になって
「怖い体験をしてしまったんじゃないか?」
と思ったけど
トンネルを抜け明るい場所に出れば
「気のせいだ トンネルからムカデでも落ちてきたんだろう」
と言い聞かせた

そしてあとあとTwitterを開いてみると
見覚えのない「A」という一文字が勝手にツイートされていた



このブログを書く前
神流町~上野村にかけての心霊情報を調べていると
神流湖やその近辺のトンネルでは心霊スポットとし地元の人の中でも
有名な場所 と記載されている












こわいよ!!
=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by ひーちゃん
  • 2014/08/16(Sat)20:48
  • Edit
おつかれま!
でも怖いよ!

Re:No Title

  • by 空野 大/大五郎
  • 2014/08/16 21:25
ひーちゃん!難しい時期にきてしまってごめんね!
今度是非、神流湖周辺の心霊ツアーを変顔でやってね!笑

No Title

  • by フロシキ
  • 2014/08/17(Sun)16:56
  • Edit
あ^~怖い話いいすねえ
これからも何かあったら書いてください

Re:No Title

  • by 空野 大/大五郎
  • 2014/08/29 14:33
ちょっとさすがに怖いですねー。できるだけ怖い目にはあいたくないです!笑

No Title

  • by A
  • 2014/11/02(Sun)11:36
  • Edit
最近は幽霊もツイッターやるんですね

No Title

  • by A
  • 2014/11/02(Sun)11:36
  • Edit
最近の幽霊はツイッターやるんですね

Re:No Title

  • by 空野 大/大五郎
  • 2014/12/16 18:28
>最近の幽霊はツイッターやるんですね

そんなユニークな幽霊さんならうれしいんですが…笑

釣歌旅人

名前:
空野 大/大五郎
性別:
男性
趣味:
弾き語り/釣り
自己紹介:
福島県会津出身。自然に恵まれた環境で育ち、小‣中学校時代は、魚釣りや川に潜り魚突きに明け暮れていた。高校に入り、友人がギターを始め、興味本位でギターに触れた事をきっかけに音楽を好きになっていく。東京都内で音楽活動をしていたが、一時休止。現在、ネット上の名前「大五郎」として❝ニコニコ生放送❞で魚釣りや弾き語りを放送し、現在は47都道府県、日本一周中。

最新コメント

[03/27 NONAME]
[01/13 めんそーれ]
[01/13 NONAME]
[01/12 たけくん]
[01/07 12の星空]

ブログランキング参加中

ブログランキングに登録しています!よろしければ新しいブログを見た際にはクリックしていただけると嬉しいです!

Twitter

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バーコード

Copyright ©  -- 釣歌旅人 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]