忍者ブログ

釣歌旅人

47都道府県を弾き語りと魚釣りをしながら周る旅人 「釣歌旅人(ちょうかたびびと)」

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【78日目】役に立った「経験」【三重県:道の駅紀伊長島~紀宝町ウミガメ公園】

朝からマンボウのフライ定食を食べました!


グニグニとした触感
白身魚の味
意外と美味しかったです!


そして道の駅を出発

紀伊半島に入って海のそばを走る
すると橋の下に魚影を発見!


何の魚なのかはわかりませんでしたが
30㎝~60㎝近いものまでいました
ルアーを投げてみたけど反応はなく逃げるだけ

一体なんの魚だったのか気になりますが諦めて出発!


国道43号線
山を登りはじめ開けた場所へ
相変わらず綺麗な空が広がります!


山を抜けるとすぐに海


なんどもトラウマのトンネルをくぐり


ここは明るいからよかった





尾鷲に到着
お弁当をたべて休憩

尾鷲から登り坂が急激に増えて
午後からの峠越えが始まりました

登りのときには大抵歩道を走ることにしています
すると


え?




行き止まりでした

ちなみに右上が車道になっています



逆戻りして車道側を走り山へ突入


久しぶりのキツイ山
汗だくになって 水分補給もしっかりと
途中 休憩がどうしてもしたくなって
自転車を降りる

一度休憩してしまうと
再出発がなかなかできないんだよね…
30分近くも休憩

かなり急な坂を上る
まだまだ峠は続く

国道42号線 熊野街道
なかなかの強敵である

そしてこの旅で現在一番長いトンネル

こわいよー


何事もなく無事に通り抜ける
するとお猿さん発見!

iPhoneだから見えにくいけどここにいるよ!


知らぬ間に結構登ってきたものだ


そして下り坂が迎えてくれて
寝床の候補としていた道の駅きのくに


でもここで寝ないで
先に進もうとなぜか思った

もうここから海までは下りが続くと思ったら

大間違いで
まだ登りが待っていた…



登りきったあとにやっと下り!


かなりカーブが多い下り坂でハラハラしましたが無事に峠越え



峠を越えた後
自転車をいじっている男の人の姿が見えた

僕「こんにちはー!どうかしたんですか?」

大学生だった
荷台の荷物を固定しているようだった

大学生「荷物が落ちちゃって…うまく固定できないですかね?」

僕「どれどれ...」

話を聞くと
この自転車は友達のもので
名古屋まで自転車で行き
フェリーに乗って仙台まで直接届けにいくという旅をしているという

僕「積載ゴムが弱いですね・・・僕の予備の余ってるのであげますよー」

ということで
僕は自分の自己紹介もしつつ
ギターに巻いている積載ゴム一つを使ってがっちりと荷物を固定した


大学生「あと なんかタイヤの調子がおかしいんですよね」


そういうのでタイヤを触ってみると空気圧がかなり低い

その大学生は自転車にはまったく詳しくなくて
勿論自分で修理などもできないという

僕「じゃあ 一度タイヤ外してみてみますね!ただ 僕も素人なので役に立てるかは不明だけど…」


パンク修理も以前に1.2回やった程度
でも一応経験者ではあるので
自身はなかったがタイヤを外してみる

チューブを外し
空気を入れる

すぐにタイヤに穴が開いているのが分かった

僕「パンクしてるね…笑」

大学生「やっぱりですかー パンク疑惑があるって持ち主も言ってたんですよねー」

僕は慣れない手つきでパンク修理を開始
一応タイヤに異物が刺さっていないかも確認して
修理を完了させた

それと自転車のチェーンも錆びていたので
オイルを足す

大学生「いやー さっきと乗り心地全然違いますね!マジであざっす!!!」

この時点で夕方の5時半位だったかな
彼は僕が越えてきた峠にパンクした自転車でこれから挑むところだったらしい

夜遅くの峠越えなんて危ないし
一度僕は止めた

でも大学生の若い勢いというのか

大学生「いや 俺行きます!」

というので見送ることに



仙台に到着したら絶対にTwitter越しでもいいから報告すると
彼は約束してくれた

最後に2人で写真を撮り
握手して同時に出発




でも本当に声をかけてよかった
さかのぼれば
道の駅きのくにで泊まらなくてよかったし
もっとさかのぼれば
この紀伊半島を周る事を決めてよかったと思う

そうじゃなければ彼は本当に大変な思いをしたと思う
その大変さも旅の一つでもあるとは思うけど

こうして2人が結びついた縁が
ぼくはとても嬉しかった






ちなみに僕が渡した積載ゴムは茨城~福島の間で会いに来てくれたhsさんが
渡してくれたもの

hsさんが予備の積載ゴムを渡してくれなかったら
この大学生の自転車のパンクにも気づいてあげることができなかったかもしれない



全部繋がっている

なんだかそんな気がするな















拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

釣歌旅人

名前:
空野 大/大五郎
性別:
男性
趣味:
弾き語り/釣り
自己紹介:
福島県会津出身。自然に恵まれた環境で育ち、小‣中学校時代は、魚釣りや川に潜り魚突きに明け暮れていた。高校に入り、友人がギターを始め、興味本位でギターに触れた事をきっかけに音楽を好きになっていく。東京都内で音楽活動をしていたが、一時休止。現在、ネット上の名前「大五郎」として❝ニコニコ生放送❞で魚釣りや弾き語りを放送し、現在は47都道府県、日本一周中。

最新コメント

[03/27 NONAME]
[01/13 めんそーれ]
[01/13 NONAME]
[01/12 たけくん]
[01/07 12の星空]

ブログランキング参加中

ブログランキングに登録しています!よろしければ新しいブログを見た際にはクリックしていただけると嬉しいです!

Twitter

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バーコード

Copyright ©  -- 釣歌旅人 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]