忍者ブログ

釣歌旅人

47都道府県を弾き語りと魚釣りをしながら周る旅人 「釣歌旅人(ちょうかたびびと)」

   
カテゴリー「日本一周」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【38日目】暑い【福島県:福島市〜郡山市】

福島駅前のイオン入口のシャッター前で目をさました

最悪な事に足の裏を蚊に食われていた

朝ごはんを後にして
まずは福島駅前を出発!

4号線を南下していくと
見えてくるのは道の駅安達


本当はここで和紙ソフトクリームを
食べたかったんだけど
到着したのが8時
お店のオープンが午前10時からだそうで諦めた

そこで先日購入したばかりのクッカーを試す事に

ネットで作り方をみながらやってみた
吹きこぼれに驚きながらも
書いてある通りにやってみる

ご飯を蒸らしてる余熱でレトルトカレーを温める


これは上品の郷で出会ったチャリダーの川島君から教えてもらった事


そして朝食完成!

蒸らしてる時間を利用してスープも作った

底に焦げがついたけど
これは仕方ない事なのだろう


そういえば
この道の駅で中年男性のチャリダーに出会った
挨拶だけされたんだけど
話をしたかったので突撃

でも「1人にしてくれ感」が強かったので早めにお話終了した


道の駅を出発すると
外の気温はグングン上昇
僕はこの度初のライギョマンスタイルになった
(タンクトップでライギョを狙う人のファッション)

それ程暑い日差し
水分をいくらとっても足りない
お米が増えてからペダルが重くなったのに
更に暑さでペダルが重く感じる

休憩ついでに大きなスーパーへと入った



安い!とにかく安い!

大好きなガリガリ君も豊富!

コロッケ メンチカツ カレー
ガリガリ君梨味
三ツ矢サイダー
を購入

洗濯物も溜まっていたので
コインランドリーを使ったんだけど
値段高すぎてビックリ

できるだけ洗濯は自分でやろう


それから郡山に向けて走る





暑い



暑い



暑い



ヤバイ



郡山の気温は36℃
身体もふらついたきたので
途中の公園で昼ごはんの支度を開始




スーパーで買ったものをのせて

コロッケメンチカツ丼の完成!


朝より焦げちゃったけどいい出来だ!
あとは昨日お婆ちゃんに貰った桃

お婆ちゃんとのツーショット忘れてた笑



とにかく
ご飯を食べるまで
この暑さはヤバイと感じた
無理をしたら確実にやられると思った

この夏の天敵は雨と暑さかな



そして郡山に到着し
まねきの湯で水風呂に飛び込んだ


その後
ナイトレイドさんに会ってご飯食べて
1人路上ライブしに向かう途中
おじさんに話かけられた

自転車と渓流釣りが好きらしく
興味をもってくれたらしい
奥さんもルアーをやったり
最近はロードバイクもはじめたとか

趣味を共有できる夫婦って
すごく魅力的だな


そんなおじさんと写真を撮った


その後のストリートは地元のヤンチャな子達とワイワイ話しながら終了して
まねきの湯で朝を待った


=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[4回]

PR

【37日目】雨宿り【宮城県:仙台〜福島県:福島市】

公園で起床

頭が痛い
昨晩は蒸暑くて上手に寝れなかった

とりあえず南下する為に4号線を走る
途中  マクドナルドでブログを更新

公園で起床
頭が痛い
昨晩は蒸暑くて上手に寝れなかった
とりあえず南下する為に4号線を走る
途中  マクドナルドでブログを更新
再度出発
とても暑い
大きな道が徐々に細くなっていき
大型のトラックがすれすれを追い越していく
肩をすぼめ
怯えながら走る姿は
一つの人生の形にも見えた
途中
お米2Kgと一緒に買ったガリガリ君の梨味を食べる


ガリガリ君の頭がロン毛で
口を閉じていたらガリガリというイメージから離れるのかな
なんて休憩しながら考えてた
白石市手前で雲ゆきが怪しくなってきた
雷がなり雨も降り出したので近くにあった
桃の直売店で雨宿りすることに
中には1人のおばあちゃん
桃好きなだけ食ってけー
と言ってくれた
桃を食べながらお話をする
すると  今度はおばあちゃんが朝採ったばかりのキュウリをご馳走してくれた
キュウリ全体に塩をまぶして
渡してくれたキュウリはすごくみずみずしくて美味しかった
雨がやむと
キュウリと桃を持たせてくれたよ
おばあちゃんありがとう!
うちのばあちゃんに会いたくなったよ!
さらに進むと馬牛沼が見えた
お米を乗せてからペダルが重い
なんとか福島駅に到着し直ぐにご飯を食べた
その後温泉に浸かり
中の休憩所で仮眠してからそのあとは
寝床を探すと近くにいい場所があったので
野宿することにした
天井を見上げると
今日は見られながら寝るんだね!
おやすみ

=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[10回]

【36日目】逆戻り【宮城県:石巻~仙台】


早朝
道の駅の音楽で起こされる

寝袋などを片づけ出発準備
最後にディラン君と記念撮影をして出発だ!




きみ丸さんはまだ寝ているらしいのでそのままそっとしておいた

あとは自転車を走らせる
45号線走り松島へ到着

洗濯物があったのでここで休憩



潮風だったので湿気を含み
なかなか乾かなかった
2,3時間位休憩したので出発

塩釜市のスーパーでバナナと麦茶のパックを購入



そして仙台市に入り
駅前を走行するとお祭りをしていた

仙台に立ちよった理由は
新しいクッカーを購入するため

これまで使っていたチタン製のクッカーではお米を上手に炊けなかった
なのでアルミ製のクッカーを購入するために石井スポーツへ
丁度閉店セールをしていたのでお買い得だった



今後はこれでお米を焚いていこうと思う
節約してたまにおいしいものを食べるようにしよう



途中ライトがない事に気づく

いたずらなのかライトだけ持っていかれてしまったらしい
前にもこんな経験があった
ライトだけでよかったなと思う事にした


仙台市内の川で少年2人が魚とりをしていたので写真を撮った


あとは近くの公園で寝床を探し
いい場所をみつけた

釣りや歌などを歌わずにずっと自転車に乗っていると
意外に早く進めるもんだなーと改めて実感した





=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[3回]

【35日目】さよなら石巻【宮城県:石巻】

午前11半起床
川開きのお祭りあとの飲み会で結局寝たのこの日の5時半だ

起きるとちゅうさんがまだ寝ていた
自転車の準備をして 出発しようと思っていたのだけどちゅうさんが目を覚ました

その後ちゅうさんが乗っている自転車がパンクしていたので自転車屋さんに行く


中村サイクルセンター


僕も後輪が少し歪んでいる気がしたので
お店で見てもらう事に
少し時間がかかるというので その間ちゅうさんと2人で石巻マルシェという
飲食店なども並ぶイベントスペースでかき氷を食べていた

するとイベント情報に見たことがある名前が
「米と茶碗」
東京ではよく名前をみるユニットでまさかここで見れるとは思わなかった


そして途中で急に出てきた石巻のゆるキャラ

いしぴょん

その後自転車屋さんから修理終了の連絡が入った

やっぱり後輪が歪んでいたのでリム調整で直してくれたらしい
その後 ちゅうさんが僕の事をお店の二人に話してくれて
一曲披露することに

自転車屋さんでの小さなミニライブ

2人も津波の影響を受けたらしい
でもとても愛想がよく 優しく接してくれる2人に歌ってる最中に胸が一杯になった


ふるさとへ を披露


「被災してる人達の心に響く歌だよ 本当にすごくいい歌だよ」
と何度も褒めてくれた

歌わせてくれて
どうもありがとうございました


お昼も過ぎていてお腹がすいたので
ちゅうさんとその友人のしょう君と三人で一緒に中華料理屋でご飯を食べる

このラーメン
なんと350円!安い!

ちゅうさんにご馳走してもらった
本当にちゅうさんにも何度もお世話になってありがたい気持ちでいっぱいです

そして石巻に大きく手を振った




一度
道の駅 上品の郷へ戻ることにする
到着するとなにやらにぎやかな雰囲気
道の駅でお祭りをしていた


川開きでお祭りは十分満喫していたので
僕はふたごの湯でのんびり温泉に浸かる

温泉を終えて休憩していると
「だいちゃん?」と声をかけられた

そこにはウクレレ屋台で僕が作曲したときに同席していたおばあちゃん
「らくちゃん」が居た
まさかここにらくちゃんがいるとは思わず2人びっくり

らくちゃんは前にお別れするときに思いっきり泣いてしまっていて
今回偶然あった瞬間にも
しわしわの目元から一粒だけ涙がこぼれ落ちた事に気づいた

記念撮影して 少しおしゃべりした


温泉を出て自転車にもどるとなにやら張り紙が・・・


綾小路 きみ丸???
きみまろじゃなく  きみ丸???

最初はいたずらから何かと思ったがきみ丸さん本人登場
今回のお祭りのイベントに参加していたらしい
「ヒッチハイクでここに来た青年もいるから 一緒に飲まないか?」
と言われお誘いを受けることにした

そこで知り合ったヒッチハイカーの20歳大学生
ディラン君


この容姿なのに英語は一切しゃべれないという
ギターもすごく似合うが一切弾けないという 笑
彼は話が上手でとても明るい印象だった
今後のビジョンもこの旅に出てから見えてきたらしく
これからも彼を応援したいという気持ちになった


きみ丸さんはボランティアの一環で今回のお祭りに参加したらしい
昨日の川開きのお祭りでも活動していたようだ

「人を信じなさい ただ騙される事も覚悟しなさい」

という言葉を僕の心に突き刺して
他の話はすべて男女の下ネタ話に繋げていた印象が強い 笑




2人の前で歌も披露した
僕の歌を気に入ってくれて本当に嬉しかった

この旅に出て
たくさん歌う機会ができた
本当に荷物を妥協せずにギターを持ってきてよかったと思う

宴会が終わったあと
ディラン君と屋根のある場所でそれぞれ寝袋を広げて野宿した





思えば
この道の駅ではたくさんの旅人と出会った
石巻で考えれば 本当にたくさんの人と出会えた
そして大切な事を教えてもらい
感動も与えてもらった


これで石巻とはさよならだ
また会おう

石巻



=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[3回]

【34日目】川開きの夜【宮城県:石巻】

気づけば
旅を初めてから一か月を過ぎていたんだね

昨夜はウクレレ屋台のちゅうさんが留守を預かっている家に泊まらせてもらった

この日は石巻で一番のイベント
川開きのお祭り
すごい人達が押し寄せてくるらしく
ちゅうさんも焼き鳥屋を出すらしいのでその買い出しへ付き添った

ある程度落ち着いたところで
昨夜はお風呂に入っていなかったのでスーパー銭湯へいき時間を潰す

その後
釣りを案内してくれたカタナさんと合流
その時にもらったカタナさんからのプレゼント


chos
http://www.mobbys-acc.com/Chos.html

最初 あなごさんに似ていると思ったんだけど
いかりや長介に似せているらしいのでこのキャラクターは
cho-sanさんというらしい

ひとつギターにつけた

お祭りを一緒に見てまわる事にした

最初にとびこんできたこれ


蒸しホヤ


ホヤの味にはクセがあり
なかなか受け入れられにくいと聞いていたんだけど
磯の香りがひろがって僕個人的にはすごく美味しかった

その後とある建物にはいると

津波で流さる前の石巻をその場で再現したジオラマ・・・というのかな?
神戸大学のみんなが地図を頼りに作っているらしい
カタナさんも自分の家の屋根の色を塗っていた


その後にいったのが陶器屋さんとカフェ


カタナさんは陶器作家の雅子さんと
前から友人関係にあったらしく紹介してもらった

コーヒーを頂き少しお話をした

その後カタナさんとは一度離れて町中を歩くと三味線の音が


ザ・シャミセニストという方々



その後カタナさんが飲みに行くというので
合流すると 先ほどの陶器作家の雅子さんも同席していた

三人で居酒屋で色々な話をする
2人とも40代でお互いに経営者
色々な考え方などを聞くことができたし
少しだけ恋愛トークも交えた

お店を出ると花火があがっていた
会場方面に行く途中 ギター抱えた酔っぱらいのおじさん2人を見つける
吉田拓郎が好きらしくお祭りだから歌を路上で披露していたらしい

コラボすっぺ!と言われ僕もギターを取り出した

吉田拓郎の歌で
僕は流星が一番好き
ゲド戦記の歌を歌っていた手嶌葵さんがカバーしていたことでこの曲をしった
流星をお願いする






吉田拓郎のキーが低すぎて声が思うようにでないので
僕はコーラスへまわった

2人ともかなり酔っていたので
とりあえずその一曲だけ歌い記念撮影をしてその場を去った



その後
屋台などがならぶ商店街で僕は一人路上ライブを決行


この地域で路上ライブは珍しいのか
日本一周という事が驚きなのか
若い人から年配の方までたくさんの人が足を止めてくれた

今後は路上ライブの回数を増やしていきたいと思う
そして新しく看板も作り直すつもり



お祭りの後はウクレレ屋台のちゅうさんとその仲間数人で飲みへいく
とあるバーに入り ビリヤードを久しぶりにした
初めてダーツという遊びにも触れた
ソルティードッグ ジントニック 最後にテキーラを飲まされ終了
寝床につきすぐに眠りに落ちた

=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[4回]

【33日目】念願叶う【宮城県:石巻】

道の駅上品の郷を午前2時半に起床し
午前3時半にカタナさんの自宅前に集合
そのまま車で釣り場へ向かった

今日はロックフィッシュ
アイナメやベッコウゾイを狙う



宮城県の磯
到着すると 地元漁師がウニ突きをしていた

あちゃー
海底を突かれてしまっては釣りにならないので
次のポイントへ

数投目でカタナさんがアイナメをゲット!
立て続けに38cmのいいアイナメも釣ってた

そして僕はワカメを釣った





続けてとある防波堤へ行くがここでも反応がない

すると電話んしているカタナさんが言った

「少し休憩して、鮎川からボートに乗ろう!」


え?


海でのボート釣り
初めての経験だ!

色々な話をしながら鮎川へ
到着すると船長が船の整理をしていた
そして目の前に大きな魚体が…

80cmクラスの太ってるシーバス



船長が午前にルアーで釣ってきたらしい
この船長…すごそう…


そして出港!



カタナさんがアイナメを次々とあげていく中
僕は船酔いと戦っていた

初めての船釣り
リグを結び直すために下を向けば
特大のお玉で
みぞおちの奥をえぐられる様な感覚になる

息が荒くなり手足が痺れてきた

キャストしてワームを底まで落とし
竿しゃくってフォールさせる

コツコツンッというアタリ

ビシッ!

合わせた
魚がついている
やった!やっと!念願の初めてのアイナ……








フグでした






しかし
そこはめげずにワームを変えてキャスト

アタリがありあわせた!



やっと初のアイナメ釣れたー!
ちっさいけど…笑

その後
釣った安心感からなのか船酔い悪化でダウン…


せっかくカタナさんが船までだしてくれているのに
こんなところでへばっていては申し訳ない!

少し落ち着いてきたところで
座りながらもキャスト

アタリはとれるけどのらない

そして最後のポイントへ



デカイのこい…
デカイのこい…


ブツブツ呟いていた




フワッ

とした感覚


アタリか根掛かりかわからないけど
とにかくあわせた



竿がしなるが動きを感じないが
ゆっくりと浮き上がってくる



カタナさん「さかな?」

僕「いや…海藻ですねぇ…」



それを見ていた船長が
船を出そうとした瞬間
グググッという感覚が伝わってきた


いや…魚だ!!


根掛かりだと思っていたが魚だった
そこから魚は暴れ出した
魚はゴンゴンッ!!と底を叩き
その振動が手首 右脇 腰へ伝わり
全身で支えないとのされてしまいそうだ

カタナさんの指示に従いリールを必死に巻く
絞られる竿 抵抗する魚
とにかく魚を水面に引きずりあげる事に必死だった

青と深緑の水中に
赤茶色の個体が見えた
水面から顔を出したアイナメ
デカイ!

そして
カタナさんがしっかりとランディングしてくれた


初めての船
船酔いと戦いながら
最後の最後に釣れた一匹






久しぶりに右拳をあげて喜んだ
そしてなにより
カタナさんがここまでサポートしてくれたことに
魚を釣って応えられたことが嬉しかった


感無量



カタナ師匠!本当にありがとうございました!
そしてサニー号の高森さん!ありがとうございました!

ルアーフィッシングガイドサニー
http://salt-lure.com/sunny/

この魚はフィッシングメーカーのリアスのFacebookページにも掲載されました
http://www.facebook.com/fishingrearth





その後は石巻市の川開きの前夜祭へ

みんなで歌ったり
新しい出会いもあったり
楽しい1日でした



この写真はこの日ボランティアで来て知り合ったアツミちゃんが撮影してくれたものです


=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[5回]

【32日目】のんびり③【宮城県:石巻】

朝早くから川島くんが一番に起きてた
僕もテントを片づけて結露を乾かしながら朝ごはん
そのあと  たける君が起きてきて
みんなそれぞれ出発の準備へ
最後に三人で記念撮影
みんな出発
また何処かで会えたらいいなー!
そのあと
ご飯の材料がなくなってきたので買い出しへ
レトルト類
パックご飯
を購入してきた
道の駅に戻ってきてからは
ひたすらのんびりと過ごした
休憩室でおばちゃん達に
トマト  ナス  キュウリを頂いて
晩御飯にレトルトカレーを食べた
翌日の3時半から前回釣りの案内してくれた
石巻のカタナさんと釣りの約束があるので
早めに就寝
荷物を早めに片づけるために野宿した

=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[1回]

【31日目】のんびり②【宮城県:石巻】

テントから出てすぐに写真を撮った
サンダルが朝日に照らされて
画像のイメージができたので作成
予定は何もなし
どうしようかなと考えた結果
またラーメンを食べに行くことに


前々回の支那そばやへ


片道 自転車で30分程
ちょっと行くことを悩んだけど結局走ってた


お昼までマクドナルドでブログを更新して
そしてまた来ました


支那そばや
前回は
豚トロ炙りチャーシュー麺だったんだけど

今回は
豚バラチャーシュー麺とライスにした
やっぱり美味しい
ここのスープは醤油ラーメンで指3本に入る美味しさだ!

お腹が膨らみ
ふと感じる事があった

美味しいものを一人で食べている時が一番寂しい または虚しい


美味しいご飯を
「美味しいね!」
て共有する事で後味が良くなるんだなーと感じた


もちろん
今まで一人でも美味しいものを美味しく頂いてきたけど

一人で頷くより 頷き合った方が格別に美味しいんだよ


恋人 家族 友達 仲間
相手が居る事で食に対する気持ちも大きく変わる気がするよ

そこで気づいた事が一つ
食とは欲
つまり人間の三大欲求には
それを満たす際 一人の場合には
残り二つの欲にも寂しさと虚しさが付きまとうんじゃないかな?って

•人間の三大欲求
食 …一人のご飯は寂しい または虚しい
眠 …一人で寝るとき寂しい または虚しい
性…一人で済ませたあと寂しい または虚しい


こんな風に
誰でも少なからず感じた事はあるんじゃないかな
僕だけかな
だからといってどうこうの話ではないんだけど
なんとなく気がついた事です
そんな事を考えていたら
なぜかヤケになってラーメンで満腹のままかっぱ寿司に入ってしまった
お腹パンパンでも5皿食べた





ラーメンの後は道の駅に戻る
そしたら
親子がガリガリ君をくれた!

「実は何回か見かけていたんです」

と言ってた
ガリガリ君をくれた男の子
そのお母さん
ありがとう!!
そのあとギターを弾いてた
すると
荷物いっぱいのカブに乗った男性が声を掛けてくれた
カブで日本一周中のたける君
二人で話をしていると
今度は荷物いっぱいの自転車を走らせてきた男性
彼も僕と同じ自転車で日本一周中の川島くん
急に旅人が集まった
その後
三人で色々な話をした
今後の事やアニメの事
オススメのゲストハウスなどの情報も
結局この日は
三人テントを並べて一緒に寝た

拍手[9回]

【30日目】のんびり①【宮城県:石巻】

おはよう

この日はぐっすり眠れた気がしたよ!
朝らしい写真がほしくて撮影


そして石巻市へ入り
二度目の道の駅 上品の郷

ここで休憩とブログ更新をしていると
おじいさんに声をかけられた
おじいさんは今 軽のワンボックスで日本一周に挑戦しているらしい

過去に何度か挑戦はしたけど
まだ一度も成功したことがないといってた
体力の衰えが原因で途中でやめてしまっていたらしい
今回は是非頑張ってもらいたいな

応援しています!


そして
前回 石巻市に来たときに食べに行ったラーメン屋「支那そばや」
そこ以外にも行きたいラーメン屋があったので行ってみる事に

樺太屋



すごく会津のラーメンに近くて 僕個人的には満足した
そして帰り際に お店のおばちゃんが
「座敷席で少し寝ていったらー?」と言ってくれた

温かい

さすがにそれは申し訳ないので断ったけど
おばちゃんはトウモロコシをくれた
ラーメンも美味しい
おばちゃんは優しい
最高だよ樺太屋




そのあと
なんとなく近くの用水路で釣竿を出した

狙いはナマズ
正直期待していなかったんだけど
田んぼからの流れ込みでヒット!!
ルアーはPOP-X
ランディングしようとした瞬間…

フックが外れたああああああ


結局
その後はナマズの姿は見れずに道の駅に戻る事に

到着後は

きゅうりパンと特製ホットドッグを作って食べた




道の駅敷地内にある温泉に入って就寝

石巻で行われる祭り
「川開き」
の初日までは石巻にいるつもりだ


=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[4回]

【29日目】雀の涙【宮城県:登米~南三陸~石巻】


起床して道の駅が開店するまでのんびり過ごす
お店がOPENしてから トマトとパンを買って朝食



その後
ラベンダーソフトというものに興味を感じて食べてみた



ラベンダーの香りが口の中に広がるソフトクリームだった!

僕はソフトクリームが好きで
各地の変わったソフトクリームを食べて行きたい
これも旅の一つの目的にしようと思ってるよ!


そして南三陸を目指して出発
398号線を目指し三陸自動車道沿いを進むと
気になる用水路を発見



釣竿を出してみる
とりあえずルアー POP-X Jrを投げると…

一投目に出た!



一瞬にしてラインブレイク
リーダー8ldでも 簡単に切っていったあの魚は・・・

雷魚かナマズと予想しているけど
それなりに大きかった

その後 テキサスのグラブで探っていくもアタリはなく終了


その後
398号線に入り山を登っていくと
治山ダムという看板を見つけた



カナダの湖みたい!



そしてダムへ進む道の途中に野良猫の赤ちゃんがいた!
目も開いてなくて最初は寝ていたんだけど
僕の存在に気づき急にピニャピニャ鳴き出したので
そそくさとその場を去った



山の下りに入り
南三陸町に入る


その先にあったのが

南三陸さんさん商店街


きらきらうに丼というのが気になったけど
それ相当の値段したので抹茶ソフトクリームで我慢した






その後町へ降りてみる

町の第一印象は



何もない



本当に何もなかった









思う事は色々あるけど
この町の風景を目に焼き付けた


すると南三陸のトラックが何台も行き交う道路に
一羽の雀が倒れていた

自転車で通過したとき
その雀が口を開いて
ひくひく動いていたのがわかった

自転車を慌てて止めて
その雀のもとへ向かうが 車がどんどん来ている




危ない!!!!!




運良く 二台の車は雀をまたいで通り過ぎて行った


雀を抱え安全な場所へ



両手で包んだ雀はすごく温かくて
そこにしっかりと「命」を感じた

僕はパンを持っていたので目の前に置いてみるが反応はない
続けて水を置いてみたけど無反応


タオルで包み
水をクチバシにつけると少しだけ飲んだ

   
僕ができるのはここまで


そのまま放置して出発しようと思ったけど
なかなかその場から立ち去ることができない僕がいた


午後5時か6時
どっちだか忘れたけど
南三陸町にチャイムとして流れる音楽は
とても悲しい音楽だったことを覚えてる



僕はまだこの町にきて何もできていなくて
この「まだ何もできていない気持ち」を
一羽の雀を救う事で濁そうとしていたのかもしれない

だから
なかなかその場から立ち去ることができなかったのかも

1時間くらい経っただろうか…

しばらくすると
閉じていた目を開いて
他の雀の声に反応を示す


目が潤んでいるように見える


「雀の涙」
という日本語があるけど
僕はこの言葉は好きじゃない




雀はタオルから飛び出した
便をした雀はピョンピョンと跳ねる

どうやら怪我をして飛べないみたいだ

道路で倒れていた
もしかしたら車とぶつかって怪我をしたのかもしれない





「雀は自然に生きる動物だから放っておくのが一番」
という考えが僕の中にある
でも 自然に生きる動物達が人工的なものが原因で怪我を負っていたとしたら
この考え方は通用するのかな

僕はそれは違うと思うんだ
自然界で傷ついた動物であるなら手を出す必要なないと思う
でも

「人工的なもので傷ついた動物なら人間は救う事も選択の一つ」

として持っておくべきだと考えた



飛べない雀は
他の雀の声を聞くたびにキョロキョロ…
仲間の元へ行こうとしているのかな

「もう行きたいから放っておいてくれ」

そう言われた気がして草村に入っていくのを見送った





その後 一度石巻方面へ逆戻りする

とあるお願いをされているからだ

それを済ませてから南三陸町にもう一度来ようと決めた

道の駅津山で晩御飯を食べて
テントを張り就寝







この日はなんだか少し心がもやもやした




飛べない雀は何かを教えてくれたような気がする
その何かは
まだ僕の中で曖昧だな


 
=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[9回]

【28日目】旅に出て初のステージ【宮城県:涌谷~登米】

ちゅうさん達と別れ
僕はそのまま自転車に乗り寝ないで涌谷を目指した





やはり寝不足には勝てずに
途中漫画喫茶にたちよりそこで仮眠をとる


弱虫ペダルのインターハイの結果を知る事ができてよかった!笑


再出発!

畑や田園が広がる



涌谷にも温泉があるらしくまずはそこでゆっくりするため
自転車を走らせた

温泉到着ー!



瓶コーラを飲みながら展望台の休憩室


この画像を見てTwitter越しに画像を作ってくれた人がいました!







お祭りにお誘いしてくれた後藤さんから連絡があり
集合時間を聞き 涌谷駅前へ


子どもたちがたくさんいた
後藤さんは このお祭りが子ども達にとって
夏休みのはじまりを意味するお祭りなんだ
といってた

涌谷では河童伝説があり
お祭りで水難事故などがない様に
農産物が豊作になるようと願いお祭りを昔からしていたらしい

本来は神社の敷地内で行われていたお祭り
一度なくなってしまったのだけど
商店街の人たちが集まり
昔のようにお祭りをしようという事で
現在20年以上も続いているらしい

河童が有名ということもあり
キュウリの早食い競争などのイベントもあった

そのステージの上で今回歌ってきた


ふるさとへ


を後藤さんからリクエストされていたので一曲だけ
動画と写真を撮影するのを忘れてしまったけど
お客さんから「聞き入っちゃったよ」という声ももらった

僕自身も気持ちよく歌えた




歌が終わって後藤さんから焼きそばをご馳走してもらい
少しお話をして会場を出発した




気づいたら
サイクルコンピューターが起動しなくなってた



最初は自分の走った距離を知りたいと思っていたけど
今は正直距離や数字はどうでもいいや!という感じかな


その後
登米市にある 道の駅米山へ

ここでテントを張り
一日を終了した

   


=ランキング参加中=


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


拍手[2回]

【27日目】ビニールハウスの居酒屋で・短編音楽④【宮城県:石巻】


昨日のウクレレ屋台CHU'sキッチンの話をしよう
 
カタナさんに紹介してもらったこの場所
店長は震災時に石巻へボランティアとして兵庫から来たらしい
その後 住み着いてこのお店をOPENさせたそうだ

写真の右が店長の「ちゅうさん」
最近罰ゲームかなにかで坊主頭にしたらしい

石巻には県外から来ている人が多数いて
このお店も石巻のお客さんだけでなく
県外からのお客さんも集まっていた

ボランティア関係で知り合った人たちが多数らしい

僕が弾き語りと釣りをしながら自転車で日本一周をしていることをカタナさんから
きいていたらしく ちゅうさんは

「じゃあ さっそく一曲たのむわぁ」

という感じでみんなで歌いながら飲んで
この日を過ごした

その時の動画をカタナさんが撮影してくれたので少しだけ公開

夜更かしになれていないので

正直
すごく眠かったです!笑




そして今日の内容へ移る

結局朝方まで屋台の中で過ごした
その後 店長でもあるちゅうさんが留守を任されている家があり
そこで少し寝かせてもらった

午前11時起床

近くの温泉へ
 

夕方までここにいた
さっぱりしたあとに釣りに行く

 

 
大型のアイナメ ソイを釣ることができず結局ボウズ
この日は諦めた





ちゅうさんから連絡が入り

「お店を手伝ってもらおうと思ってんねんけど 何時頃来れるん?」

昨日お世話になったし
少しの時間だけならと思いお店を手伝う事になった

入口に網戸がなく蚊が入ってくることもあって
網戸を作ったり
初めてビールサーバーを使ったり
簡単なお手伝いをした


石巻の人たちはすごく温かい人達だ
県外からきた人達も心に熱い何かを持っている
ボランティア活動に関して 石巻の地元の人からの意見や考え方も聞くことができた
人それぞれ思う事はあるようだ

ボランティアの団体もすべてが【善意】あるものではない事も知って驚いた

そんな話を聞いてしまうと
「ここにいる人達はどうなんだろう?」
という若干の疑いも抱いてしまったことは事実

でも同じ時間を過ごし 話をして
石巻で暮らし 震災を乗り越えてきた人達が今ここに居て
そして その人達から発せられる言葉を聞いていると
そんな疑いは一瞬にして消えていった


このお店で こうして出会えた


そしてこれからも
このお店はたくさんの人との交流の場になってもらいたい
そう思って 時間があいたときに
このお店の曲を作った





ー短編音楽④ー
ビニールハウスの居酒屋で






その後
お客さんが来店

ちゅうさんが一曲 ふるさとへ を披露してくれというので
お客さんの前で歌った

石巻という場所で
震災で大きな被害を受けた場所で
僕は歌を歌っていいのだろうかと ずっと悩んでいた

でも石巻の人たちは
そんな僕の歌を受け入れてくれた

涙を落としてくれた人もいた

「続けた方がいい」

そう言ってくれた事がすごく嬉しかったし
少し安心できた

そのお客さんが
「明日 というか今日の夕方に涌谷駅前でお祭りがあるから
 そこで歌ってくれないか?」

とお誘いを受けた


もちろん僕は
「歌わせていただけるのであればお願いします」

とハッキリ返答した



=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[6回]

【26日目】石巻での出会いと短編音楽③【宮城県:石巻】

テント専用のような屋根のある場所で寝たので
時間を気にする事なくのんびり起床

この日は
石巻の釣り場所を案内してもらう事になっていたので
それまでゆっくり時間を過ごそうと思っていた

朝食を食べる

初のアルファ米
焼き鳥の缶詰

おいしかった

その後 ブログを更新して
お昼ご飯を近くのラーメン屋で食べる事に


支那そばや




スープが最高においしかった!
今まで食べた醤油ラーメンの中で一番のスープ
麺は細麺で個人的には好みではないけど
本当にスープはおいしい!

また来たいお店でした










お店をでるとジェット機の音が響いた
自衛隊基地が近くにあるから戦闘機と予想した
ふと空を見上げると大きく旋回している

ブルーインパルスというらしい

真っ白な雲をひいて
石巻の空に
大きな愛を落としていった


その後 ふいにギターをもちたくなった

約束の時間までまだ時間があったので
ちかくの公園で自転車を止める


作曲開始
ハートを落として行った自衛隊のブルーインパルス

ラブ&ピースをなぜかその瞬間願っていた
その気持ちをブルーインパルスにのせて作ったよ




ブルーインパルス

音速で全て持っててくれ
悲しみもいやらしい事も
僕はまるでサンドイッチにされた
トマトみたいに弱いから

空に描いたハートの雲
LOVE and PEACE 歌ってもいいかな

ミサイルや爆弾なんかより
愛を落として行ってよ

ミサイルや爆弾なんかより
愛を落として行ってよ

















その後 約束の時間もせまっているので釣り場所へ移動開始
途中 工場の写真を一枚


工場って魅力的
中二病の心をくすぐられるぜ!

そして案内してくれる「カタナさん」と合流
彼もニコ生のリスナーさんで今回の魚釣りを誘ってくれた


一応自分のタックルももってきているのだけど
パワー不足だそうでカタナさんが予め用意してくれたタックルを借りる事に

そして一緒に大きなアイナメやベッコウゾイを狙う





しかし反応がない

いつもはかなりの高確率で釣れるという事らしいけど
相手は自然
そううまく行くはずもなく
日が暮れてから初めてのメバリングをする事になった

途中
もう一人リスナーさんからの連絡があり合流
合計三人で釣りをする事になった!


釣り方を教えてもらって

一投目でHIT!!

かわいいメバルちゃん

 
時合と水色がわるかったのかあまり大きな魚は釣れなかったけど
そこはカタナさん 25㎝の良型をあげて終了

夜の釣りは正直一人じゃ寂しい
こうして数人集まってする釣りの楽しさを改めて感じたなー

その後
カタナさんの知り合いがお店をプレオープンしたとのことで
そこでご飯食べる事に

ビニールハウスを居酒屋にした

ウクレレ屋台CHU'sキッチン


ここでのお話は三日間に渡り続く
とても長くなりそうなので
また後日

カタナさんとはここでお別れした
ホタテやカキもいただいて
楽しい釣りも案内してもらって本当に感謝しています

ありがとうございました

拍手[4回]

【25日目】松島【宮城県:塩釜~松島~石巻】


朝おきて松島を目指す

天気は曇り
あまり観光日和ではない気がするけど出発!

松島にいく途中にあったトンネル


怖いよね
トンネル

そして松島に到着!

マリンピア


奥の細道と書かれた柱の前で写真を撮っていると
一人の男性に声をかけられた

旅の経緯などを話すと
その男性は高校の社会の先生らしく
「生徒達にも是非 周りの情報だけで学ぶのではなくて
その目で実際に見てきてほしい」
と言っていた

その彼も旅することが好きらしく
日本全国を周ってみようかな~とボソッと言っていたので
もしかしたらまた日本のどこかで会えるかもしれないね



松島観光前に

ずんだソフトクリームに挑戦
 

これがとてもおいしかった
この間 きゅうりソフトを食べたけど
あれもおいしかった

もしかしたら野菜とソフトクリームの愛称は
すごくいいんじゃないのかな?

それを食べて遊覧船に乗った
長時間かけてまわる2500円のプランにしてみた
 

ゆらゆら揺れながら松島を堪能する


実は
前夜に殆ど寝ていないこともあり
遊覧船内での半分の時間は寝てしまっていた
写真は起きているときにかろうじて撮影したもの

お金を支払ったのに
殆ど寝てしまっていた


船をおりて少し見学


松島観光もほどほどに
石巻へ向かう

しばらくすると こめさんがまたまた会いに来てくれた
差し入れを頂き その後釣り具のキャスティングで再合流

お互いに買いたいものを買った後に解散

こめさんには三度も会えた
また一緒に釣りしたいと思った


石巻市の道の駅
上品の郷


   
ここで 橋本さんというライダーさんと知り合った
東日本を旅しているらしい
旅の装備や今後の事に関しても話をした

この道の駅では温泉に入れる


さっぱりしたところで
橋本さんと話をしながら夕食を作っていると
なにやら視線を感じる



食べ物のに匂いに誘われてきたのかな?
目はまんまるのかわいい猫でした

その後は寝ていなかったこともあり
すぐに就寝

拍手[4回]

【24日目】まさに釣歌旅【宮城県:塩釜市&七ヶ浜町】


昨夜
こめさんと釣りの後に漫画喫茶 自遊空間にはいった
弱虫ペダルを25巻まで読み 続きを読もうとしたらすでに誰かが読んでいるらしく
朝に期待した

朝になっても返却されない漫画
10時間のパックだし
午前11時からのランチタイムは100円ランチがあるというので
それまで漫画の返却を粘った



結局
弱虫ペダル26巻以降は返却される事なく
あきらめて漫画喫茶を出て自転車を走らせた


続きが気になる!!!!



ということで到着したのが塩釜市塩釜港にある
マリンゲート
 

津波浸水深もわかった
 

マリンゲートに小さな漁港のようなものがあったので
そこでイソメを垂らしていたんだけど 釣れる気がしない

あたりがあったとおもって釣ってみると
仙台港で釣ったような子サバが釣れた

その後も




子サバ

 子サバ

  子サバ

   子サバ

    子サバ

     子サバ

      子サバ

       子サバ



合計9匹

正直飽きたので釣り道具屋さんでアイナメやソイが釣れそうな場所を聞くことに

45号線沿いにある

釣り具のみなとや ※写真は撮影忘れたのでネットから拾いです 

ここで話を聞くと
時期的にもアイナメやソイより
今はマゴチやヒラメがすごく多くあがっていると聞いた

お勧めワーム
ジグヘッドのグラム数を聞きき購入

そして自転車で移動し
七ヶ浜町のとある場所で釣り開始!


ワーム:エコギア グラスミノー L
ジグヘッド:12g


テトラの上にのぼり海を眺めていると
目の前に長細い魚




ダツだ!



まだ釣ったことのない魚だったので釣りたいと思った
目の前にワームを通すと



パクッ!!!


わ!食ってきた!

合わせたけどダツの細い長い口は
ジグヘッドの大きな針の部分まで至ってなかったみたいですっぽ抜けた

もう一度・・・

パクッ!!!!!


まーた食ってきた!


フッキングするとこんどは針がかりした!



ダツの口は固いのか
フッキングがあまかったのか外れてしまった…

ダツをかけた瞬間の乾燥


え  軽い・・・



細長いし重量がないからなのか
拍子抜けしたけど
バラしたのは悔しかった・・・

ちなみにダツというのはこういう魚です ※ネットで拾ってきた写真
 

キバもあって危険らしい
釣って実際に見てみたかった


ダツはあきらめて釣りを再開


キャストして落とし込む
ズル引きしてたまに止める

ただ海藻やゴミがすごく多くてすぐ根がかり
購入したジグヘッドは静ヘッド1パック
ジグヘッドが合計3つしか入っていなくて
すぐに2つをロストしてしまった

1つしかないジグヘッド
慎重に キャストする場所をかえて
海藻がない場所 つまりは砂地を探す

すると
一か所だけ
スムーズにズル引きできるところをみつけた!


キャストして同じ場所を通すこと3回目
石のような凹凸を感じたときに

ヒット!!!

この瞬間テンションがぐーーんとあがった!
本当に食ってきた!


あまり魚が大きくない事はわかったけど
絶対に逃がしたくなかった




そして
  


おっしゃあああああああああああああああ!!!

初のマゴチちゃん!
すごくうれしかった
地元の人からの情報は本当にすごい!
釣らせてくれてありがとうございました!

ちなみにコチちゃんのヒレで手を怪我しました


その後
ペンチで口元をつまんでいると

ポロンッ

とはずれてコチちゃんは海へ帰って行ってしまいました
食べてみたかった…

















塩釜市へ戻ることに
イオン前で僕の特製キャベツパンを食べていると
 

おじさんが声をかけてきてくれた
少し話をして
半額のおにぎりをもらう

 

この時間は半額商品が多いという事を聞き
僕もイオンのお店にはいり
明日の朝ごはんおGET!
 


その後 眠くなってきたので
塩釜港付近で寝るところを探していると
本塩釜駅前でギターを持った人がいた

 

仙台で活動中のFUNNY CRAFTのギターボーカルの英太君

しばらく弾き語りを聞いていると
このあたりに住む若いおじさん
翌日コンサートを予定しているという気さくなおばちゃん
高校生の男の子 女の子がぞくぞくと集まってきた

リクエストブックのようなものを出していて
自分が歌えるカバー曲の一覧だ

その中には僕も知っているアーティストが多々あった
英太君やその周りのみんなと話をしていると
流れで英太君とセッションする事になった

いつか/ゆず

奥/メインボーカル:斎藤 英太(FUNNY CRAFT)
前/コーラス:大五郎



高校生のとき 僕に音楽のきっかけを与えてくれた親友と合わせた曲
すごく懐かしくて 高校生にもどった気がした
歌う場所を与えてくれた英太君 英太君のお客さん
ありがとう

その後
英太君と2人で話をした

音楽の話
震災の話
自由と恋愛の関係性の話

午前3時頃まで2人で話をしていた
英太君はすごく真っ直ぐに純粋に
「人を楽しませたり 喜ばせたりできる歌を歌いたい」
と言っていた

真っ直ぐな純粋な気持ちと言葉に正直 心を打たれた


そんな英太君のホームページはこちら


長い時間ありがとう!
また「いつか」会えると思う


その後
野宿できるところを探し就寝


この日もいい出会いがあった


釣りに歌
まさに釣歌旅の一日でした


=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[9回]

釣歌旅人

名前:
空野 大/大五郎
性別:
男性
趣味:
弾き語り/釣り
自己紹介:
福島県会津出身。自然に恵まれた環境で育ち、小‣中学校時代は、魚釣りや川に潜り魚突きに明け暮れていた。高校に入り、友人がギターを始め、興味本位でギターに触れた事をきっかけに音楽を好きになっていく。東京都内で音楽活動をしていたが、一時休止。現在、ネット上の名前「大五郎」として❝ニコニコ生放送❞で魚釣りや弾き語りを放送し、現在は47都道府県、日本一周中。

最新コメント

[03/27 NONAME]
[01/13 めんそーれ]
[01/13 NONAME]
[01/12 たけくん]
[01/07 12の星空]

ブログランキング参加中

ブログランキングに登録しています!よろしければ新しいブログを見た際にはクリックしていただけると嬉しいです!

Twitter

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

Copyright ©  -- 釣歌旅人 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]