忍者ブログ

釣歌旅人

47都道府県を弾き語りと魚釣りをしながら周る旅人 「釣歌旅人(ちょうかたびびと)」

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【24日目】まさに釣歌旅【宮城県:塩釜市&七ヶ浜町】


昨夜
こめさんと釣りの後に漫画喫茶 自遊空間にはいった
弱虫ペダルを25巻まで読み 続きを読もうとしたらすでに誰かが読んでいるらしく
朝に期待した

朝になっても返却されない漫画
10時間のパックだし
午前11時からのランチタイムは100円ランチがあるというので
それまで漫画の返却を粘った



結局
弱虫ペダル26巻以降は返却される事なく
あきらめて漫画喫茶を出て自転車を走らせた


続きが気になる!!!!



ということで到着したのが塩釜市塩釜港にある
マリンゲート
 

津波浸水深もわかった
 

マリンゲートに小さな漁港のようなものがあったので
そこでイソメを垂らしていたんだけど 釣れる気がしない

あたりがあったとおもって釣ってみると
仙台港で釣ったような子サバが釣れた

その後も




子サバ

 子サバ

  子サバ

   子サバ

    子サバ

     子サバ

      子サバ

       子サバ



合計9匹

正直飽きたので釣り道具屋さんでアイナメやソイが釣れそうな場所を聞くことに

45号線沿いにある

釣り具のみなとや ※写真は撮影忘れたのでネットから拾いです 

ここで話を聞くと
時期的にもアイナメやソイより
今はマゴチやヒラメがすごく多くあがっていると聞いた

お勧めワーム
ジグヘッドのグラム数を聞きき購入

そして自転車で移動し
七ヶ浜町のとある場所で釣り開始!


ワーム:エコギア グラスミノー L
ジグヘッド:12g


テトラの上にのぼり海を眺めていると
目の前に長細い魚




ダツだ!



まだ釣ったことのない魚だったので釣りたいと思った
目の前にワームを通すと



パクッ!!!


わ!食ってきた!

合わせたけどダツの細い長い口は
ジグヘッドの大きな針の部分まで至ってなかったみたいですっぽ抜けた

もう一度・・・

パクッ!!!!!


まーた食ってきた!


フッキングするとこんどは針がかりした!



ダツの口は固いのか
フッキングがあまかったのか外れてしまった…

ダツをかけた瞬間の乾燥


え  軽い・・・



細長いし重量がないからなのか
拍子抜けしたけど
バラしたのは悔しかった・・・

ちなみにダツというのはこういう魚です ※ネットで拾ってきた写真
 

キバもあって危険らしい
釣って実際に見てみたかった


ダツはあきらめて釣りを再開


キャストして落とし込む
ズル引きしてたまに止める

ただ海藻やゴミがすごく多くてすぐ根がかり
購入したジグヘッドは静ヘッド1パック
ジグヘッドが合計3つしか入っていなくて
すぐに2つをロストしてしまった

1つしかないジグヘッド
慎重に キャストする場所をかえて
海藻がない場所 つまりは砂地を探す

すると
一か所だけ
スムーズにズル引きできるところをみつけた!


キャストして同じ場所を通すこと3回目
石のような凹凸を感じたときに

ヒット!!!

この瞬間テンションがぐーーんとあがった!
本当に食ってきた!


あまり魚が大きくない事はわかったけど
絶対に逃がしたくなかった




そして
  


おっしゃあああああああああああああああ!!!

初のマゴチちゃん!
すごくうれしかった
地元の人からの情報は本当にすごい!
釣らせてくれてありがとうございました!

ちなみにコチちゃんのヒレで手を怪我しました


その後
ペンチで口元をつまんでいると

ポロンッ

とはずれてコチちゃんは海へ帰って行ってしまいました
食べてみたかった…

















塩釜市へ戻ることに
イオン前で僕の特製キャベツパンを食べていると
 

おじさんが声をかけてきてくれた
少し話をして
半額のおにぎりをもらう

 

この時間は半額商品が多いという事を聞き
僕もイオンのお店にはいり
明日の朝ごはんおGET!
 


その後 眠くなってきたので
塩釜港付近で寝るところを探していると
本塩釜駅前でギターを持った人がいた

 

仙台で活動中のFUNNY CRAFTのギターボーカルの英太君

しばらく弾き語りを聞いていると
このあたりに住む若いおじさん
翌日コンサートを予定しているという気さくなおばちゃん
高校生の男の子 女の子がぞくぞくと集まってきた

リクエストブックのようなものを出していて
自分が歌えるカバー曲の一覧だ

その中には僕も知っているアーティストが多々あった
英太君やその周りのみんなと話をしていると
流れで英太君とセッションする事になった

いつか/ゆず

奥/メインボーカル:斎藤 英太(FUNNY CRAFT)
前/コーラス:大五郎



高校生のとき 僕に音楽のきっかけを与えてくれた親友と合わせた曲
すごく懐かしくて 高校生にもどった気がした
歌う場所を与えてくれた英太君 英太君のお客さん
ありがとう

その後
英太君と2人で話をした

音楽の話
震災の話
自由と恋愛の関係性の話

午前3時頃まで2人で話をしていた
英太君はすごく真っ直ぐに純粋に
「人を楽しませたり 喜ばせたりできる歌を歌いたい」
と言っていた

真っ直ぐな純粋な気持ちと言葉に正直 心を打たれた


そんな英太君のホームページはこちら


長い時間ありがとう!
また「いつか」会えると思う


その後
野宿できるところを探し就寝


この日もいい出会いがあった


釣りに歌
まさに釣歌旅の一日でした


=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[9回]

PR

【23日目】魚が食べたい【宮城県:仙台市】



晴れた!





雨が重なり 洗濯物もたまっているので

水道のある公園を探している最中に



「こんにちは」



と声をかけられた





北海道を目指す と彼は言ってた



「まだ一週間前に出発したばかりで 自転車は初心者なんです」



僕と同じだなー



とある漫画に影響受けるものがあったらしく 今回の旅を決めたらしい

もしかしたら日本一週してしまうかも… とも言ってた

僕としては是非周ってほしい!

そしたらまたどこかで会えるかもしれないし!



お互いに名刺を交換し
しばらくおしゃべりしたあとに解散した









その後 水道のある公園を探したけど

このあたりは復興工事などでほとんどの公園がつぶれている



今日は洗濯をあきらめて釣り餌を買いにお店へ





イソメが300円!安い!



そしてとある埠頭へ向かうとなにやら大きな船を見つける





祝日ということもあり釣り場には家族連れが多かった



準備をしていると女性に声をかけられた



「DMをした者です」



仙台に来る際に、釣り場所を教えてくれた方だった

今日は旦那さんとお子さんを連れて昨晩から釣りに来てるらしい

す すごい体力だ…



差し入れに

「わさびうどん」

という不思議なうどんを頂き 少しだけその家族と釣りをする





ハゼさんが釣れた



その後 場所など教えてくれた家族は帰宅

本当に色々教えてくれてありがとうございました



そのまま釣りを続けてメバルと子サバを追加







とりあえず食べる分だけを釣って早々に釣りを終了したよー

鍋にすっぽり入りそうなメバルを二匹







とりあえずその場で下処理をしてしまう

魚を絞めたとき 自分の指まで絞めてしまった



久しぶりに痛かったなー

血もなかなかとまらなかったし

絆創膏でおさえた



下処理を終えて少し場所移動をする

なぜなら この釣り場は船の出入りが激しく

漁協関連の人たちが移動するようにと声をかけて周る

調理しているときに邪魔になってはいけないので

近くの倉庫裏にきた





調理開始





キャベツとわかめを入れて 醤油と味噌で味付け



メバルの味噌汁ができた!





もちろんこれだけでお腹は膨れないので

うどんを投入!





美しくはないけど

一応メバル味噌うどんの完成





麺をすするときに

メバルの小骨を一緒に吸う可能性もあるので

これきりのメニューになりそうだ!笑



その後

もう一度魚釣りを開始すると平たい奴が釣れた!



カレイ





そしてまたハゼ





カレイは近くのお兄さんにあげてきた

から揚げにしてみたかったけど 油をつかえば始末が大変だし諦めた



その後

近くのスーパーでとあるチャリダーさんが進めていた

うまい棒サンドというものを試してみる







うーん













うーん 笑





































こめさんから連絡がはいり夜釣りのお誘い

仙台港へ向かう



するとなんとこんな差し入れが!!





ありがとうございます!

その場でぺろりと頂きました





結局夜釣りは魚の反応一回もなく終了

こめさんはもう少しだけ釣りをするらしく

僕は眠いので
そのまま銭湯に入り漫画喫茶で寝ることに



こめさん
二度も会いにきてくれてありがとうございました!

また釣りしましょう!








=ランキング参加中=

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[2回]

【22日目】野菜が食べたい【宮城県:仙台市】


早朝


まだ雨が振ってる
とりあえず荷物を片付け 雨がやむまで昨日の温泉で時間をつぶすことにした

なるべく雨の日は走らないようにすると昨日決めた

館内で今度はバニラを食べる!


昨日 夜遅くまで起きてたのと
仮眠程度の睡眠しかできなかったのでそのまま昼くらいまで畳の休憩室で寝てた

外に出ると雨は一度上がってた
そして自転車にマクドナルドカードがくくりつけてあった

ちゃちゃさん達からのプレゼントだった
昨日渡すのを忘れてたらしく 自転車にくくりつけてくれたそうだ

ありがとう!
電源のあるマックを頻繁に使うからすごくありがたかった!

温泉を出発
明日 魚釣りにどうしても行きたかったので
とりあえず近くの釣具屋 タックルベリーに立ち寄る



買い物終了
お金のことを考えるとほとんど何も買えなかった!

とりあえず こめさんに教えてもらった加瀬沼公園を目指して走る
時々雨がぱらつく
雨雲はどんどん押し寄せる


走っている最中に
最近野菜を食べていないことに気がついた
スーパーでにんじんとキャベツを購入した


途中
お腹が空いたのでうどんを食べることに



野菜が入ったうどん
おいしかったなー

その後
加瀬沼公園で水を補給


仙台港へ向かい
ぐるっと見てまわる

フェリー乗り場

ここから北海道までいけるらしい
たくさんのライダー達で溢れていた


また雨が降り出した

雨宿り
夢メッセ


どんな施設なのか調べていると
ここを襲った津波の映像が出てきた
まさにこの場所

今ではきれいに整備されていて津波がきたとは思えない位
しっかりとこの場所を目に焼き付けた

その後
また野菜の欲求に襲われて定食屋さんへ

ここのお店は定食を頼むと
煮物 サラダ 豆腐 などが食べ放題になる素敵なお店
しっかり食べて一日を終了した

明日は魚釣りに行く

拍手[3回]

【21日目】雨の日【宮城県:仙台市】







テントを片付けていると雨が降ってきた
急いで撤収

仙台市内で釣りをしたかったんだけど
雨の予報では少し難しい

とりあえず近くにゆっくりできる健康ランド的な場所がないか探した
一箇所 泉区にあることがわかりそこまで行くことに


駅前で信号待ちをしていると
おばちゃんからいきなりトマトを渡された



信号が青に変わったので バッグにしまう時間もなく
トマト片手に交差点を渡った

大荷物を積んだ自転車の人が
トマト片手に交差点を渡った

客観的みたら
この画は結構シュールだったんじゃないかな?

思わず クスッ としてしまった




温泉を目指している最中雨が強くなってきた
一応防水関係はバッチリと思っていたけど
霧雨がすごく辛くなってきたので休憩できるところを探す

お決まりのマクドナルド
ただ 自転車を屋根のある場所へ置くことができなかったので
雨にさらすはめになった

防水を信じきっていたし 大丈夫だと思ってた

雨は待っても待ってもやまないので
仕方なくそのまま温泉に向かうことにした



雨の中の自転車は肉体的にも精神的にもすごく辛かった

荷物が水を吸ったからなのかペダルは重いし
雨具を着ていても中が蒸れるので結局ビショビショ
普段なら遠く感じない距離もなおさら遠く感じた

途中 嫌になって目の前の幸楽苑に飛び込んでガッツリと昼ごはんを食べる




そして再出発ー


ビショビショになりながら夕方になんとか到着
20Km弱の距離がこんなに長く感じたのは初めて



雨宿り 休憩 
雨のせいで結局丸一日この温泉にくるまで時間がかかってしまった!



荷物を確認するとギターケースに水がしみこんでいた
ギター自体は平気だったけどかなり危険だった

このとき雨の日の走行はできるだけ避けようと思った


温泉で休憩
そしてなぜ頼みたくソフトクリーム

今回はラムネ味


その後
山形から ちゃちゃ零さん と その彼女 が会いに来てくれた

一緒にご飯を食べに一度温泉を出て鉄板焼き屋さんへ


色々な話をしながら食べた後
3人でカラオケに行った



旅の途中にカラオケにいくとは自分でも予想外だったけど
でも楽しかった!

山形からわざわざ仙台まで来てくれて本当にありがとう

今度は一緒に釣りをしよう
山形の渓流を約束してお別れした


雨も降っていたし
またビショビショになりたくないので
また温泉に再入館
営業終了3時まで仮眠したあと
屋根のある場所が案外近くにあったことをしり
そこで朝まで野宿することにした






     






拍手[1回]

【20日目】後ろ髪ひかれ仙台へ【福島県:南相馬市~宮城県:仙台市】

午前中ギターを握る
この福島で感じたことを曲にしようとしたけど
どうもうまくいかない

すぐ形にする事も大事なんだけど
漬物みたいにしばらく置いてからにじみ出てくるものもあるだろう

という事で準備をして 単身赴任している父のマンションを出発した!


6号線を北上する





すると前からやたらと荷物を詰めた自転車が一台やってきた

絶対日本一周の人だと確信した
しかもTwitterでフォローし合っている人だ!

思わず手をあげて挨拶
反対車線に移動して少し話をした

谷ちょさん
旅にでて100日目位だそうで 旅の大先輩である

彼も音楽が好きらしく
最近パーカッションに興味をもっているということをきいた
あとはヒューマンビートボックスもできるということで
音楽を通じて話が合いそうだったんだけど
残念ながらお互い反対方向に向かう事に

30分位立ち話をして別れた
翌日 また仙台方面にくるらしい
もしお互いに何か縁があればまた会えるかもしれないね

道中お互い気をつけて!


膝を少し気にしていたこともあってペースはかなりゆっくり
それでも時速20Kmは平均で出ていた
自転車をこぐことになれてきたのかもしれないなー

そんなことを思っていると
やっとやってきた宮城県!


ニコ生で途中から配信しながら仙台駅へ進む

色々とルートを考える
このままゆっくりしたペースで北に行けば
かならず寒い時期とぶつかる
だからといってペースをあげて各地でしたいことができないのも勿体ない

宮城県のあとは北上するのではなく
南下することに決めた

本来の予定では反時計周りで一周しようと思ってた


でも一度引き返して 栃木 埼玉 神奈川へ進もうと思う

※新ルート


汚い説明でごめんね!

この方がゆっくり南下できるし
北海道を周るための予定も改めて組める

これで行こうと思うよ!


そんな事を考えながら到着した仙台駅


同じニコ生で釣り配信をしている「こめさん」と待ち合わせ
合流前に少し路上ライブをする事にした



以前
原発に関しての曲を描いたことがある
ふるさと 福島県でのもどかしい気持ちをなにかにぶつけたかった
その曲の動画を撮りたかったので急遽作成

電球
電球に虫が群がっている
まるで僕らみたいだな
近づき過ぎた蝶が死んだ
そっと明かりを僕は落とした
毛布にくるまった君は怯えた目で
お母さんのお迎えを待つ
あの日の爆発と共に
原子力の信頼は
青い空へと散った
電球に虫が群がっている
まるで僕らみたいだな
近づき過ぎた蝶が死んだ
そっと明かりを僕は落とした
絶対安全と言われた化学にリスクを忘れて
便利さに目が眩んだ僕等
今この怒りの矛先を
君なら誰に向ける?
空を飛ぶ鳩達と柔らかい雲が
ゆっくりと通り過ぎてく
今日も当たり前のように
生きていく僕たちは
何か忘れちゃいないか?
電球に虫が群がっている
まるで僕らみたいだな























そのあとに こめさんと合流
こめさんといえばこのリストバンド


たくさん気を使ってくれて
仙台市内を案内してくれた

もちろん牛タンも一緒に食べた


そのあとアーケード街 繁華街の国分町へ


こめさんとは同い年だし
本当はもっとゆっくりお話をしたかった

今夜は会えてよかった
別れ際 豆乳と羊羹を頂き解散

また会おう!


そのあとは近くの公園にテントをはり就寝した
=ランキング参加中=
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

拍手[7回]

【19日目】なにもしない日【福島県:南相馬市】




パンクの原因を探った

タイヤの内側からこんな針金がでてきた



このあとチューブをもう一度交換
パンク修理したチューブは応急処置ようの予備チューブとして持ち歩くことにした

あとは何もしなかったよ!

温泉いって膝を休めた!



おわり!


拍手[2回]

【18日目】非被災者【福島県:南相馬市】


朝起きて自転車を見てみる
後輪の空気がまた抜けていた
あとで原因を探ることにした



気づいたら
この自転車を購入して1000Km以上も走っていた
そろそろタイヤの交換が必要かなー
そして父の紹介で
ある老人介護福祉施設で歌う事になった
僕としてはこんなに嬉しいことはない

まずはご飯
 
すり鉢の味噌ラーメンを食べて
施設へ行く




1階~3階のフロアごとに入居者が分かれていて
一つずつ歌って回った
おじいさん おばあさんにもわかるような曲を一曲チョイス
緊張しながらも挨拶をして歌いだす

2階で歌った時の写真
1曲目:上を向いて歩こう/坂本九
口ずさんで歌っている人もいた
生きてきた時代が違うのに
歌い繋がれてきた歌というのは本当に素晴らしいと実感した
2曲目:ふるさとへ/オリジナル曲
僕があいするふるさとを想って歌った歌
この施設には認知症の方も多数いた
でもじっと僕を見つめてくれていた
心をこめてうたった歌が
皆さんの心に少しでも届いたら嬉しい
こうした場所で歌う機会があれば
どんどん活動していきたいと思ったよ
その時の映像を残したので少しだけ

※利用者さん達のお顔が映らないように編集してあります
1階で歌った時の映像

そして 南相馬付近を見て回った
写真ではわかりにくいけど
ひまわり畑と大規模な仮設住宅がある
何人ものの人が生活していた
避難してきた人の話を聞きたい
ずっとそう思ってたけど
実際に目の当たりにすると踏み込む事なんかできなかった
報道関係者の様に
ズカズカと土足で傷口に入り込んで話を聞くことなんて無理だ
結局 遠目から
観光客の様に写真を撮り
眺める事しかできなかった自分に腹がたった
福島第一原発から流れた放射能の影響で
三年間放置されてきた家々
立入禁止が解除になったものの
住んでいる人は見かけなかった
浪江町 双葉町は現在も立入禁止
すぐ傍まで行ってきた

浪江町目前のナミエボウル


浪江町を出る時にはスクリーニングをしなければならない
この先を見たい
素直にそう思った
好奇心が溢れて
目の前にある真実を知りたいと思った
許可証がなければ入れない
法を犯してまで潜入してはいけないと言い聞かせ引き返した
何かできる事はないか
僕にできる事はないか
考えれば考える程
たくさんの答えが出てくる
今回歌った施設の職員さんたちも
家族や友人を失った人達が多数いるとあとから聞いた
僕の歌はその人達にとってどんな風に聞こえたんだろうか
不安がよぎる


歌う事も一つの答えだろう
ボランティアに参加するのも一つの答えだろう
楽しく生き抜く事も一つの答えだろう
何もしない事も一つの答えだろう
直接被害にあっていない僕は
僕自身のエゴにすがるしかないと感じた
夜は単身赴任中の父と2人で温泉に入り
2人で夕食を作るために台所にたった
親子で台所に立つのはなんか照れくさかったけど
すごく楽しかったよ
しっかり食べて
しっかり寝た

拍手[4回]

【17日目】桃【福島県:福島市~南相馬市】

父が単身赴任している南相馬に向けて
福島市にいる親友 ノブ宅を出発
天気は快晴
二度目の峠越え
前回は少し無理をしすぎたのか
膝に負担がかかったので 今回はゆっくり行く事に
115号線はトラックも多く走っているし
強い日差しの中の登り坂は本当に苦痛だった
休憩を繰り返し進んでいく
今思えば写真を撮る余裕がなかったなー
霊山町に入ると下り坂
風を切りながら走る
気持ちがよかった
そして途中
ふと気になる桃の直売店
なぜか この店で桃を食べたくなって
一度通過したものの 戻って入ってみた
清水果樹園
お店を開いているおじさんに
僕「単品で売ってもらえませんか?」
と聞くと
おじさん「目の前にある桃 試食用だから どんどん食べていいよ
     この間はライダーさんが5つ食べて行ったんだよ ハハハッ!」
すごく愛想のいいおじさんだった
とりあえずテーブルの上に置いてある桃を頂くことに
甘い!
美味しい!
結局その試食で7つ位の桃を僕は食べた
実は桃は果物の中でも一番好き
柔らかくて甘い桃が大好きなんだー
でも相馬の人達はバリバリの固い桃が好きらしく
僕にはそれが理解できなかった 笑
農家のおじさんは
桃に関して語ってくれた
震災後の苦労
農家としての桃へのこだわり
そうして育てた桃を無償でいくつも食べさせてくれたやさしさ
本当においしい桃だったので
一箱購入し ある人に贈った
お店を出る際には
更におじさんは桃を5つ持たせてくれた
こうした人の温かさがすごく嬉しい
ありがとう
桃屋のおじさん!
その後115号線を進むと除染作業の看板が目立ってきた
ひたすら続く坂道を上っていくと
こどもの村入口に休憩所を見つけた
ここでさっきもらった桃を食べて休憩
3、40分だらだらしてから出発する
途中 古い鳥居と長い階段があった
なんだろう
すごく上に何があるのか知りたいけど
階段に足をかけられない
幽霊とか見たことないけど
怖いものは正直苦手
異様な雰囲気を放つその場所を離れて進むことに
平坦な道が続き
相馬市へ入った!
途中 二人の方に呼び止められ
お気持ち や 飲み物を頂いた
お気持ちは大事にしまっておいた

その後
ながーいながーい坂を下る
途中振り返り
越えてきた山を見る
そのまま進み国道6号線と再会
本当は一度相馬で時間をつぶそうと思ったけど
時間に余裕もあるので
そのまま父が単身赴任している南相馬まで行く事に
途中6号線の溝に赤い物体を発見
よくみるとザリガニだった
なんでこんなところにザリガニが繁殖しているんだろう?
震災の影響なのか・・・

 
その後
父と合流
なんだかんだで83Kmも走 っていた
でも 前回の峠越えよりも体力には余裕があった
やっぱり徐々に慣れていくものなんだなー


ネットをつなげる環境じゃなかったので
ブログは書き溜める事になった

拍手[5回]

【16日目】画面を飛び越えろ【福島県:郡山市~福島市】


朝10時チェックアウト
準備をして 福島市に向けて国道4号線を走る


ひげをはやしたトマトが居た

ちょっと怖いね

アサヒビール工場
飲み放題だそうです
ビールが好きな人がいらっしゃいましたら是非

そしてお腹が空いたので
前日ナイトレイドさんおすすめの柏屋へ行く事に
ここのソースかつ丼をたくさん進められました


上ロースソースかつ丼 お肉が分厚い!


肉の分厚さも驚いたけど
ソースも本当においしかった
お客さんもすごく多かった

最初テーブルに座ったんだけど
足を伸ばしたかったので座席に移動した

そのとき偶然合席になったお客さん親子のおとうさん

おとうさん「もしかして 日本一周してる人がい?」

と声をかけてくれた

おとうさん「いやいや バカ同士集まるもんだなぁ」



???
どういう意味がわからなかった



おとうさん「俺も若い頃ヒッチハイクで日本一周したんだよー」

と教えてくれた
まさか 合席のお客さんが旅人だったとは・・・
こうした出会いは本当に不思議だなー

魚釣りとニコ生という趣味たくさんの仲間を集め
その仲間のじゃいあんさんナイトレイドさんとの縁を繋ぎ
ナイトレイドさんが紹介してくれた柏屋さんでこの2人と知り合えた

こうした出会い 繋がり 偶然を
今後も大切にしていきたいと思った

合席の親子と撮影


名刺を渡したので
きっとこのブログも見てくれていることでしょう
2人とも お話してくれてありがとうございました!

そして出発
福島市へ進むと道の駅を発見


疲れが徐々に溜まってきているのか
休憩室のテーブルで寝てしまっていた

起きてから道の駅のお店を見て回る




きゅうりのソフトクリーム???
 
予想以上においしかった!

その後出発して福島市街へ入る

阿武隈川(スモールマウスバスを狙う人)


福島駅東口


福島市には会津で小学校からずっと一緒だった親友のノブが住んでいる
連絡をとってみると家においでと言ってくれた

その途中 スタンドが破損・・・
荷物が重いからしかたない
これからはスタンドなしで行くことに

ノブの家に行く途中に公園


そこのベンチにおじさんが居て挨拶をした

おじさんは震災前からここの公園にずっと通っているらしい
現時点では0.172μSv/h
報道にも出ていたけど福島市内は原発事故直後 ここの公園も24μSv/hもあったと言ってた


「この目で日本を見たい 知りたい」
それが僕の旅の目的だ

テレビ 新聞 ラジオ ネット
発信された情報はどこまで信頼していいんだろう
画面越しに整えられた言葉より
地元民たちの口から発せられる感情のこもった言葉の方がはるかに信頼性がある

画面越しですべてを判断するのではなく
限界はあれど直接話を聞き 直接目で見る事が必要なんじゃないかな

明日(ブログを書いている今日)
相馬を目指し2、3日後には僕の父が働く南相馬へ自転車を走らせる
更に原発に近づく

本当に知りたいことは知る事ができないかもしれない
話も聞けないかもしれない
でも直にこの目で見なければ 本当の事には近づけないと思うんだ

今回福島市で
一つ 驚きの真実も知った

ふるさとの現状を発信する事を悩んだ
誰かが発信しないと…そういう気持ちも少しはあったけれど
でもやめよう

僕はジャーナリストじゃない
個人的な好奇心 探求心の旅だ
と改めて思いなおした

それに

ネットに載せた時点で本当の事は信憑性の薄い
「所詮ネットの情報」
に化けてしまう








親友 ノブの家へ
お風呂 洗濯 手作りのご飯を頂いた
結婚して間もないし赤ちゃんもまだ3か月
そんな中 快く招き入れてくれて本当にありがとうございました!

洗濯物の中にティッシュを入れっぱなしにして
洗濯機をティッシュまみれにしてしまったことは本当にごめんなさい!



三人共 お幸せに!

この日は横になった瞬間に寝た

拍手[7回]

【14日目】お寿司【郡山2日目】


起床
改めて見ると本当にすごい日焼けだー



前日 スピリタスというお酒を飲んで少しフラフラしながらも一度チェックアウト
夜まで予定がないので とりあえず郡山駅東口の方にある

雨がパラパラ降っている
郡山市内でも観光しようとも思ったけど
昨日から膝の調子が悪いので無理をしないで
のんびりとイオンタウン内のマクドナルドでブログ更新

 

3時間くらい居座ってしまった…

その後
急にラーメンが食べたくなって
郡山市内の有名なラーメン屋さんを探し出発することに

途中
21世記念公園でみた看板
 
なんとも辛い現状



公園内に入って見る
中でバレーボールをしてる男子5人がいた

ラーメンでお金をつかうのもなんだかなーと思い
うどんを作ることに
写真を撮るのを忘れたので
ニコ生で配信した際のスクリーンショットを

【材料】
・乾麺のうどん
・あさげ(味噌汁)
・わかめ
・塩
・ガーリックパウダー

これはかなり美味しかった
あさげがなくなるまでは
しばらくはこのメニューで乗り切ろう

その後
ナイトレイドさんから連絡がありご飯を食べる事に

昨日は焼肉
そして今回は

寿司である

スーパー回転寿司 うまか亭

金目鯛&マグロ三昧


本マグロの赤身


ボタン海老


のどぐろ


こぼれいくら


うに
 

お値段はお手頃
でもネタは最高においしかった
今まで食べてきたお寿司屋さんで一番おいしかったかも
回転ずしのレベルをはるかに越えた回転ずし

まさか 福島 でこんなにおいしいものに出会えるとは思わなかった

そのあと
ナイトレイドさんと一緒に金魚釣りへ行く

実は初めての金魚釣り
表層に浮いてくる魚は簡単に釣れてしまうけど
底にいる金魚を狙うのが楽しかった
そして意外と難しい

合計16匹


そのあとは居酒屋にいって
ナイトレイドさんと旅のきっかけの話や
お互いのプライベートの話などをして過ごした

そして今日はナイトレイドさんが宿をとってくれた

なにからなにまでナイトレイドさんにはお世話になっちゃった
こうした厚意をしっかり受け止めて
いつか ❝何か❞ で恩返しをしたいといつも思う

無事に日本一周を達成する事

それが先ず僕がやるべき事なんだろうな


拍手[3回]

【13日目】峠【福島県いわき駅~郡山駅】

夜中 野宿していたら蚊の襲来に負けて
結局テントを張った

10数か所さされたよ
かゆい


寝不足のまま後片付けをしていると
散歩していたおばさまにリポビタンDを二本頂いた



荷物を積み 顔を洗って出発
今日は初の峠越えということもあり
朝はしっかり食べる為に すき家でお気に入りのメニューを食べる


お腹いっぱい食べて
自転車にのる

49号線手前の階段


登り切ったところで49号線!いざ!


広い道路を抜けると
田舎道らしくなってきた

気温も低い
涼しい

紫陽花が出迎えてくれたよ


登り坂にあしをとられる
長く続く道
すぐに心が折れそうになっちゃった


途中 川の音が聞こえてきて
古い橋が見えた

となりのトトロで
さつき と めい が暮らしていた家に行く前にあった橋
それに似てる気がする


橋の上からカジカかヨシノボリの姿をみた
ヤマメなどはいなかったなー

ここで数分休憩して
更に進むとトンネルが見えてきた





トンネルの中は轟音
すごく怖いよね
車がはしっているだけまだいいのかな
何も走ってない方が怖いかも

トンネルを抜けてさらに進むと
雰囲気のある空家


更に進むと登りがきつくなって
とうとう休憩

みんなからもらったお菓子などが
本当に役に立っている
みんな 本当に本当にありがとうございます

この時点で足はプルプルして
しばらく立つことができなかった

休憩をすませ更に登る
へとへとになりながら登っていると
後ろから
「もう少しで登り終わるから頑張れよ」
と自転車にのったおじさんが声をかけてくれた

一番上へ到着


先に到着していた自転車のおじさんのご厚意でジュースを頂いた


今度サイクリングの大会にでるらしく
その練習をしているんだって
応援しています!

下り坂を進むと
西からの向い風が邪魔をして思うように進む事ができない
下り坂なのにペダルをこぐ事が多々あって
しつこい向い風に少しだけイラついた

道の駅ひらたで休憩
  

その後 道の駅ひらたを出発
すると綺麗な田園風景が見えて
撮りたい写真のイメージが浮かんだ



たんぼは本当に素敵だー最高だー

その後さらに進むと馬さんを発見!



そのまま49号を進み
郡山市街へ


そして見慣れた郡山駅到着


友達が宿をとっておいてくれたという連絡をもらった
初めてのビジネスホテル
そのあと、じゃいあんさんとも仲の良いナイトレードさんと合流することに

名前は知っていたけど
僕の配信内での絡みは一度もなく
もちろん直接話をしたこともない人だった

じゃいあんさんが
「郡山ついたら連絡してみな」
と紹介してくれた

最初は緊張したけど
じゃいあんさんへの信頼が生んだ新しい出会いだったよ

ナイトレードさん


焼肉をごちそうになりました






おなか満腹のあとに
郡山駅まえでニコ生を配信しながらの路上ライブ

郡山駅の軒下での演奏は禁止されているとアナウンスが入り
少し移動して広場へ

そこなら問題なく演奏ができた

郡山は路上ライブに対しての反応が多いと感じたよ





歌が終わったあと
ナイトレードさんと一緒にBARへ
BARらしいBARなんてはじめてだったけど
すごく居心地のいいお店だった

ソルティードッグ
 

スピリタスという強烈なお酒を経験してみる事にした


とにかく…
喉 胸 胃袋が熱かった

ナイトレードさんは
人との繋がりの大切さや
自分が築き上げてきたものの価値
その自分のもっている才能は使うべきだと
語ってくれた

スピリタスの酔いが回り
フラミンゴが胃袋に見えるようになってきたのでおひらき

翌日 時間があればまた会う事約束し
宿に戻り爆睡した

ナイトレードさん
本当にありがとうございました








拍手[10回]

【12日目】いわき駅路上ライブ【福島県小名浜~いわき駅】

台風8号は勢力を弱めて いつのまにか進路を変えたらし
健康センターをチェックアウトするときにはもう雨は止んでた

荷物を載せ 油性ペンで看板を書き直して出発!



国道6号を少しだけ外れるとなにやらジブリみたいな雰囲気の場所が
ストーブ?焼却炉のようなものが ラピュタにでてくるロボットに見えた



そのとなりにあった鹿島神社


これからの安全をにょんにょして
お水を頂いて出発
       ※にょんにょ・・・御参りすること(親が言ってた)

自転車を走らせる


大きな橋の上からの田舎風景


見慣れた文字が見えた


いわき駅到着!


釣り仲間の監督さんからいただいたマックカードを使うために
イトーヨーカドーの中にあるマクドナルドへ


ここで前回のブログを更新

その後洗濯をして時間をつぶす
 

洗濯を済ませてぼーっとしていると
近所にすむ女性が「がんばってね」とパンをくれた
その後一度去って行った女性がもう一度戻ってきてくれて
きゅうりをまるまる一本くれた

野菜をそのままくれるのが福島らしくて僕は大好き



綺麗なお姉さん
本当にありがとうございました!

その後 きゅうりをかじりながら いわき駅にて路上ライブ


昨日、凸してくれたリスナーさんが再び登場
歌を聞いていってくれた

そして
いわきで聞いてくれた高校生
一度上京しつつもいわきに戻ってきた22歳の青年
ありがとう

福島の温かみは地元会津と離れたいわきでも
まったく変わらない事を実感したよ

また
いわきに来たいと思った


拍手[4回]

【11日目】小名浜で釣り【小名浜停滞中】

台風8号の影響で今日は先に進まずに小名浜で釣りをする事に
健康センターに荷物を預けて軽装備で出発
移動途中に工業地帯を走ったので工場の写真を撮りながら進む

工場や廃墟は大好きで
こんなときに一眼を持っていればと後悔したけど仕方ない
iphoneで一生懸命撮影した
撮影していると後ろに車が停車した
僕に手を振っている
ニコ生のリスナーさんのハンドルネーム「おちくび様」さんでした
                                     ・・・名前が面白い
自宅のPCでTwitterを確認し
僕が小名浜港にいることを知って駆け付けてくれた
携帯端末をもっていないらしく
勘を頼りに僕を探してくれたらしい
同じ福島県民
とても嬉しかった
わざわざ来てくれてありがとうございました!
アクアマリン福島に到着
海上保安庁の船
釣りに関する看板
とりあえず糸を垂らしてみることに
マス針に2インチセンコー
3Bのがん玉をつけて手前に落とし込みを繰り返す
アナハゼが釣れたー
  
貝も釣れたー
ホヤも釣れたー
その後アタリもとまったので少しふらふらすることに
うみねこさん
いわき・ら・ら・ミュウ



ふらふらしていると先ほど会ったおちくび様さんとまた遭遇
宝くじ一口と飲み物をもらった
当選したらどうしよう・・・
お腹がすいたので近くの定食屋を探す
海鮮物よりも 普通にご飯が食べたかったので近くで検索
よさそうなお店を見つけたので移動開始
途中 川の真ん中にボートが突き刺さっているのをみつけた
これも津波の爪痕なのだろう
そして目的のお店
日の出

肉丼定食を注文したよ
ボリューム満点
家庭の味という感じですごく美味しかった
その後 港に戻って少し魚釣り
またこいつ
風も出てきて雲行きが怪しくなってきたので
健康センターに戻ると なにやら歌声が聞こえてきた
カラオケだ!
釣歌旅なのだから
弾き語りに関わらずこうした場所でも歌うべきだ
と自分に言い聞かせステージへ
涙そうそう(健康センターカラオケステージ)
このあと
ある家族が「日本一周がんばってください」
と声をかけてくれた

ありがたい

そのあとにえびチャーハンをしっかり食べて就寝


明日は峠越え直前のいわき市街までいきます


拍手[7回]

【10日目】またね茨城【日立市~福島県入り】

夜中
雨音で目が覚めた
台風8号が日本列島に接近している関係なのか
天気が不安だ
朝起きたら雲行きがあやしい
そして大雨と雷が鳴る中の朝食
じゃいあんさんのお母様が用意してくれた素麺
本当においしかった
ご馳走様でした
外に置いていた自転車を
じゃいあんさんが夜中に屋根の下に移動しておいてくれた
なんて気が利く人なんだろう
そのとき気づいた
あれ?後輪の空気が抜けている
パンクしていたのか
確かめる為にチューブを取り出し水バケツで確認
結局パンクはしていなかったものの
フレンチバルブが少し曲がっていることに気づいた
ここから少しずつ空気が抜けていたのかもしれない
なので
じゃいあんさんと一緒にチューブ交換
とてもいい練習ができた
無事チューブをとりかえ後輪をはめ込む
荷物を詰めて
じゃい子さんが作ってくれたお弁当を持ち
出発
「武運を・・・」
そんなかっこいい言葉をもらい
今回も振り向かずに走り出す
国道6号を北上する
いわきまで64Km
途中 廃墟のようなマンションを見つけた
   

廃墟写真って大好き
でも怖いから絶対一人で中になんて入れない

モノクロにするとさらに不気味に見えるよね

途中みつけた金魚
更に突き進むと
「野口雨情記念館」というものが見えてきた
最初 野口英世に関係している人なのかな?
と興味本位で入ってみたら
なんと僕が大好きな童謡の詩を書いた人だと知った
じゃぼんだま
赤い靴
七つの子
などを書いた人だったとは
道中 音楽に通じるこうした場所と出くわすことに
なにか縁を感じた
館内には雨情が書いた詩がたくさんあり
47都道府県の詩もあった
僕の旅と少し重なる部分があり
その詩に釘付けになる
1時間以上はそこで過ごし再出発


そしてわが故郷の福島県に突入!
いわき市内 海沿いにはショベルカー

なぜか道路の縁石に蟹
6号線沿いから見えた田園風景
途中
友人のhsさんが僕を追いかけてきてくれて
この先の宿泊場所で再合流を約束する
そして台風をしのぐための宿泊場所
いわき健康センター
定員さんがとてもいい人で
僕の自転車の荷物をフロントですべて預かってくれるといってくれた
その言葉に甘えhsさんの車で夕食へ
hsさん「何喰いたい?寿司でいい?寿司な」
源洋丸

おいしかった・・・

おいしかったよ・・・

ご馳走様でした


hsさんと色々な話をして
そして健康センターまで戻り
見送った
なんだか見送るという事に
少し寂しさを感じた
そのままお風呂に入り就寝
じゃいあんさん
hsさん
また釣りしようね!

拍手[4回]

【9日目】初アジング【千波湖~日立市】

午前4時起床



夜は雨は降り続けテントは濡れていた

夜中 野良猫がテントをカサカサしていた

今日は友人のジャイアンさんのところ日立までいきます







テントなど濡れたものを乾かします



実はこの作業がかなり大変

日が出てから2時間近く乾くのをまつ

濡れたままテントなどをしまうと

中でカビが生えてしまうので必ず完全に乾かさなければいけないのです



乾燥したので看板を書き直して出発!







国道6号線をどんどん進みます



天気は晴れ

日差しは強い





途中 頭がぼーっとして

手が震えだしたので

糖分 塩分 水分を補給して30分ほどの休憩





更に国道6号沿いを進むと



原子力科学館という文字が見えて

右折する



東海村





中の様子





原子力の仕組みなどが主に解説してあった

首を傾げることも多々



原子力発電に関しても最後の方に少しあるだけ



複雑な気持ちのを残し出発!



じゃいあんさんの自宅に到着!





到着して早々お母様からお蕎麦を頂きました





食べ終えてからじゃいあんさんの運転で日立市散策



山道を走っていると



ガガガガガ!



とすごい音が響いた

溝にタイヤが一度はまり

じゃいあんさんの慌てる様子がおかしかった



関東平野を見せてくれた





太平洋側





そしてじゃいあんさん





その後

漁港へ釣りに行く事に





漁港にはメバル メジナ チヌ サヨリ ぶりの子(ワカシ) ボラ

などが肉眼で確認できてテンションがあがる



ワームを落とし込んだりしていると

あげてくるときに見えチヌが食ってきた!



のらなかった・・・



悔しい思いをしつつ釣り具屋へいって情報収集



アジが爆釣という話をきき

ジャイアンさんが僕の分のパワーイソメとジグヘッド0.8gを買ってくれた

釣侍の定員さんにアドバイスを受けポイントへ



日が暮れてきた





夜になり常夜灯が点灯

アタリはあるけどのらない...

じゃいあんさんがニコ生を配信していたので

そのリスナーさんからアジングのアドバイスをもらう



ちょん ちょん ふわっ



「このアクションでアタリがきたら鬼合わせだ」



といわれたので実践する事に







ちょん ちょん ふわっ



ちょん ちょん ふわっ



ちょん…



ビシ!



のった!





初めてのアジングで初の釣果!





その後も立て続けにヒット!





結局 最高26㎝ 5匹でした!





大満足

釣らせてくれたじゃいあんさんには本当に感謝してます!



そしてじゃいあんさんの家に戻り じゃい子さんに調理してもらった





アジの塩焼き





アジのお刺身





すごく美味しかった



大満足で就寝







明日へつづく



拍手[12回]

釣歌旅人

名前:
空野 大/大五郎
性別:
男性
趣味:
弾き語り/釣り
自己紹介:
福島県会津出身。自然に恵まれた環境で育ち、小‣中学校時代は、魚釣りや川に潜り魚突きに明け暮れていた。高校に入り、友人がギターを始め、興味本位でギターに触れた事をきっかけに音楽を好きになっていく。東京都内で音楽活動をしていたが、一時休止。現在、ネット上の名前「大五郎」として❝ニコニコ生放送❞で魚釣りや弾き語りを放送し、現在は47都道府県、日本一周中。

最新コメント

[03/27 NONAME]
[01/13 めんそーれ]
[01/13 NONAME]
[01/12 たけくん]
[01/07 12の星空]

ブログランキング参加中

ブログランキングに登録しています!よろしければ新しいブログを見た際にはクリックしていただけると嬉しいです!

Twitter

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

Copyright ©  -- 釣歌旅人 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]